QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
yoh
yoh
twitter : yoh_ill
web : www.yoh-ill.com

2018年08月02日

YKPD装備のディテール

最近マイ装備の理想形が見えてきた感があるので現在のセットアップを詳細に記録してみました。

YKPD SWAT装備
横浜市警察SWATの制式装備をイメージしたセットアップ。

個性よりも集団の統一感を目指しているので色使いは控えめに、差し色はナイロンハンドカフの黄色だけにとどめています。

ポーチ類はDBT製、またはDBTタイプレプを中心に構成するのが良いみたい。なおTQポーチは日本語表記がエモいLIKI製がイチオシです。

コンシャツ肩のパッチスペースは図の要領で統制したいですね。ただ部隊章が現在ほんの少数のメンバーしか持ってないレアアイテム状態になっちゃってるので新規デザインで作りたいと思っています。


プレキャリの構成
ウェビングに刺さった櫛は唯一の遊び心(笑)


ガスマスクポーチの構成

M&Pはグロックのホルスターにそのまま入る(=装備品更新コストがかからない)ことを売りにシェアを伸ばした銃ですが、サファリランドグロック用ホルスター(レプ)とは相性が悪かったです。一応は入れることができますが非常にきつくスムーズなドロウは不可能、スライドに傷も付くため人にはオススメできません。

1枚目の図でも触れていますがポーチやポケットは空っぽにしておくより何か詰め物をした方が俄然「らしさ」がアップします。本職がどこに何を収納しているか、ポーチの中身にまで考証に凝るのもハイレベルな楽しみ方ですが「見えないところは気にしない」という割り切りもアリだと思います。(僕は割り切り派)

で、小さいポケットなどは梱包のプチプチでも入れておけばいいんですが、大きめのポーチは中身が軽すぎると走った時なんかにふかふかバウンドしてイケてないので、適度に重さがあるものをアンコにして意味のあるものが入ってる感を出すと良いと思います。
そういうわけで背面ポーチには赤ちゃんのお尻ふきを入れています。要は大判のウェットティッシュです。ウェットティッシュは程よいボリュームとずっしり感があるのでオススメです。

さてポーチのアンコの重量感に凝るならプレキャリの前後の重量バランスにも気を使いたいところですね!
背面ポーチの重みでプレキャリのフロントパネルがずり上がってしまうとちょっとカッコ悪いと思います。実銃やGBBならマガジンは相当な重さになるのでそういう心配もないでしょうが電動ガンのマガジンは軽いですからね… そこでカウンターウェイトとしてフロントに腹黒商会のリアルウェイトダミープレートを入れています。夏場は保冷剤を入れてもいいかもしれませんね。

フロントパネルのポーチ類は下1コマ空けて取り付けています。全身で見た時のボリュームの重心を上げることでポーチを盛ってもモッサリせず精悍さを演出できるのは?という狙いです。筋トレ面倒なので日々こういう姑息なことばかり考えています(笑)

FAPCのカマーバンドと背面パネルの連結部がいかにもとってつけた感じで嫌いなので隠れるようにポーチを取り付けています。

ラジオポーチは縫い目が邪魔でストラップが通らないので策を考えていたところウィリーピートでちょうどいいアイテムを見つけました。しかも安い。

細くてペラペラなのに丈夫なハイパロン製なので縫い目で狭くなってしまったウェビングにも難なく通り、ポーチを取り付けることができました。

YKPD IRU装備
ツイッターでは散々言及していますが本ブログではまだ横浜市警のSWATとIRUの設定を記していなかったと思います。
IRUは「Initial Response Unit」の略で日本語では「初動対処班」、略語は「初対」なる組織です。

SWATが詰所で待機し事件発生後充分な隊員数と機材を整えて出動するのに対しIRUは私服・覆面パトカーで市内を巡回し、事件が発生すると即座に現場へ急行して少人数でSWAT本隊のための情報収集とその到着までの繋ぎを務めます。しかしIRU隊員の大半はドンパチ大好きで「やったれ」精神で本隊到着前にカタをつけるのを心意気としており、しょっちゅう無茶をやらかす問題児揃いです。
なおIRUはSWATの中から選抜された隊員が通常のSWAT隊員としてのシフトと兼任するため激務です。

とまぁ、ハマポリ装備の基本線である私服にプレキャリというスタイルを横浜市警という組織内にどう落としこむか考えた結果ひねり出した設定なんですが(笑)
まず統制された主力部隊としてSWATがいるんだト、その中の優秀な隊員がIRUとしてある程度の自己裁量権を与えられブイブイ言わせているト。そういうイメージを持てば装備も組みやすいし、装備合わせの際などSWAT制式装備からのアレンジで個性を出しつつも同じ組織の隊員ぽさを演出できるのではという狙いです。

ではIRU装備の特徴とは。
情報収集が本来の任務なのでSWATより軽装備でしょう。装備盛りたい欲はSWATにつぎ込めば良いので(笑)対比の意味でもIRU装備は引き算の発想で行きたいところ。かといってドンパチ好きな性格なので火力はまあまあ欲しい…という感じになるかと思います。

情報収集する風を演出するためラジオを操作しやすいようフロント側に配置、装備を着たまま車を運転するシーンも多いはずなので背面はポーチなし。携行弾数もSWATよりは少なめ(経験上これで充分でしょ、みたいな)。

陸自イラク型マグポはジャパニーズ感演出アイテムとして初期から着けています。RG色装備の中で陸自迷彩は押しが強すぎるので面積が広すぎると野暮ったくなってしまうと個人的には思います。その点イラク型マグポは迷彩面積が少なめでチラリズム程度なので割と気に入っていますね。

先日買ったばかりのLBTメディカルポーチを付けてみましたがこれは再考かな〜

以上、ジャパニーズ架空LEプレーヤーの皆さんの参考になれば幸いです。  


2018年07月16日

#JPNLEM 5 やります



みなさんこんにちは。
第5回は普通にサバゲもやるイベントとなります^^


●開催日 8/25(土)
●会場 F2プラント https://www.f2plant.com
●参加表明 こちらのメールフォームからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/fb9639b9580814
8/22(水)しめきり
グループ参加の場合は代表者が申し込んでください。
藤岡駅または板倉東洋大前西口からF2さんの送迎サービスが利用可能です。
希望者はフォームの備考欄に利用駅と大体の到着時刻をご記入ください。
※今回予想以上に駅からの送迎希望者が多くなったためピックアップを藤岡駅のみとさせていただくことにしました。
すでに板倉東洋大前西口でお申し込みされている方については対応いたしますが、もし可能であれば到着を藤岡駅に変更していただくと大変助かります。
変更いただける場合はjpnlem@yoh-ill.comまでご連絡ください。

また、藤岡駅ピックアップ希望が8時前後と8時半前後に集中しているため送迎車の定員オーバーとなった場合ピストン輸送で対応とし次の便をお待ちいただく場合もあります。(待ち時間10分程度)あらかじめご了承ください。


今年の夏も猛暑です。各自熱中症対策を万全にお願いします!

●参加費:4,500円(カメラマン参加も同様)


●昼食について
各自調達でお願いします。
当日朝の受付時にお弁当を注文できます。
飲食屋台は残念ながら今回はありません。

●ドレスコード
・ジャパニーズ架空LE装備
・犯罪者
・一般市民、報道など

●以下アイテムの持ち込みはご遠慮ください
・旭日章の入った装備品
・現行警察制服全般(機動隊出動服も含む)
・実在警察組織名が明記された装備品や小物類
※日常生活で遭遇する機会が実質ないSATやSIT等の特殊部隊風装備は可です。
※略帽は旭日章をテープなどで隠せばギリOKです。
・当日の判断でツイッターなどSNSへのリアルタイムの画像アップをご遠慮いただく場合があります。
・その他指示をしましたらご協力お願いします。


●タイムテーブル
8:00 開場
9:30くらい〜 受付・初速チェック・朝ミーティング・集合写真・ゲーム開始
11:30〜 昼食・フィールド内撮影タイム
14:00〜 午後のゲーム
17:00 撤収

●レギュレーション
まずはF2プラントさんの貸切レギュレーションをご確認ください。
https://www.f2plant.com/reserve/

その上で次の追加ルールが適用されます。
・基本的にフルありですがセミオンリー戦もやるかもしれません。

・ハイサイ、モスカート、トルネード類の使用可とします。手榴弾系アイテムは優しいアンダースローで運用してください。

・1ゲームの所持弾数は300発とします。大体でいいです。

・ただしモスカート、トルネード類は1ショット1発換算にしちゃいます!景気良く使え!

・全身・全装備・跳弾ヒット扱いです。

・フラッシュライトやクーガー(擬似マズルフラッシュデバイス)の使用可です。ただし目潰し的な使用はしないでください。

・ゲーム中、休み時間ともモデルガン発火OK。ただしヒット判定なしの雰囲気アイテムです。

・盾の運用ルール:調整中

●特殊ルール戦
・20分無限復活プチ耐久
・ブルーヒート(改良版)
・3発戦
特殊ルールの詳細はこちらをご覧ください

●撮影について
・顔出しNGの人は各自対策して下さい。撮影者もひと声掛ける気配りをお願いします。

・撮影に使用する銃は各自の責任で確実に安全化してください(マガジン、チャンバー内の弾を抜きガスやバッテリーを抜く)

・安全化した銃であればアイウェアなし・マガジン装着OK、演出でトリガーに指をかけるのもOKです。

・撮影した写真をネットにアップする場合は次の2点を守ってください。
  ・実際の事件事故と区別するため必ずハッシュタグ#JPNLEMをつけるかイベントのロゴマーク(本記事最下段に掲載)を写真に挿入してください。
  ・注意文「撮影許可済・安全対策済」を添えてください。

・いつものようにセーフティエリア前に撮影広場を設けます。終日自由に撮影を楽しんでください。

・お昼休みを長めにとりフィールド内撮影タイムを設けます。主催者が撮影タイム開始と終了をアナウンスしますのでその間はフィールド内への発砲可能な銃の持ち込みを禁止し、アイウェアなしでの撮影を行うことができます。なおF2プラントさんのフィールド構造上撮影タイム中は試射エリアも使えなくなるのでご注意ください。

●フリーマーケット
・参加者は事前申告不要で自由に不用品を出品できます。自分の席付近に適当に売り場を作ってください。交流のきっかけにしましょう!

・物品・金銭の管理は各自の責任でお願いします。


・ハマポリグッズの在庫持って行きます。特にキャップ・市章パッチ・ハマポリパッチは久々の再販です。見逃すな!

・ハマポリグラフィックスほか同人誌もコミケで完売しなかったら持って行きます。

全国の架空LEの皆さまのご参加お待ちしてます!

写真用イベントロゴ(透過PNG)↓
好きなのを使ってください。



  


Posted by yoh at 14:24Comments(0)イベントJPNLEM

2018年07月15日

夏コミ(C94)に参加します

今年の夏コミことコミケット94にサークル参加します。
初めてなので不安だらけですが頑張ります!

配置:日曜日 東地区 U-56a
サークル名:ヨオのイラストレーション


今までにツイッターなどで発表したハマポリ関連のイラストを全て収録した「ハマポリグラフィックス」(新刊)を頒布します。





発表済みイラストの再録が主ですがゲストの寄稿もあります!

ゲスト:
ねんまつたろう(@KITASAN1231)
ゆきおとこ(@Y_O_blank)
ミニパト(@minipat357)
でど(@didloaded)
お絵かきゴリラ(@oekakigolira)
(順不同 敬称略)

またハマポリネタではないですが「オヤドリさいじき」(既刊・コミケ初出品)「オヤドリさいじき2」(新刊)も頒布します。遊びに来てね!

  


2018年07月08日

マルイ89式ガスブロ買いました


レビューっていうか、ただの買いました報告です。

本命は折曲銃床なんですが、ハマポリを始めた者としてここは率先して買わないと格好が付かないかなっていうのと「折曲も頼むよ!」という気持ちを込めてマルイへのお布施であります。


GBB89は電動89と違い実銃用マウントベースがポン付け可能ということだったので早速タスコのやつを装着しました。もうこれだけでかっこいい。むしろ何も載せずに使いたい(笑) という本音はさて置きじっさいのところガスマスク型ゴーグル着用だとアイアンサイトでエイムできないのでハイマウントのダットでなんとかしようという魂胆です。

このダット実は珍品です

また警察仕様ってことで着剣ラグは取り外してあります。簡単に取り外せてスマートな印象になるのでハマポリ者はぜひ真似してください。
なお着剣ラグを取り外すにはいったんハイダーも付属のレンチを使用して取り外す必要があります。説明書にも書いてありますがその際必ずハイダーに傷が付きます。サバゲでガンガン使う予定なら気にするほどではないですが、ちゃんとしたレンチを使うとか、養生してレンチを当てるとかしてあげると良いと思います。



マガジンはナンチャッテで電動用のものを付けてみました。
GBB89のマガジンハウジングは電動89より1mmほど幅が狭く、手持ちのM4系マガジンはことごとく刺さりもしませんでしたが、このEMAGだけはキツキツながら入りました。撮影会ならばこのスタイルもいいかも。盛りすぎないカスタムが信条なのでマガジンくらいはオシャレに決めたいんですよね〜。

近々IRON AIRSOFTからMWS用としてPMAGがリリースされるそうなので購入予定です。本当はEMAGが出たら最高なんだけど。  

Posted by yoh at 14:32Comments(0)装備について

2018年06月30日

LIKI止血帯ポーチ「横浜市警察別注モデル」注文受付け


本企画は締め切りましたが、どうしても欲しい!という方は野田氏に問い合わせてみてください。たぶん頼めば同じ仕様で作ってくれると思います。
野田力さん(@NODA_Liki)の装備ブランド「LIKI」とコラボして横浜市警察SWATの制式納入品という設定の止血帯ポーチを作ります^^

・カラー展開:RGのみ
※写真は試作品につき色あいが多少異なります。

・日本語で「止血帯」と記されたパッチがジャパニーズ架空LE装備にベストマッチ!

・しかもLIKIのギアはメイド・イン・ヨコハマ。ハマポリ者なら買うっきゃない。

・レギュラー品はフラップのベロが赤色なところを今回の別注モデルではあえて本体色とし、サバゲ装備としてのコーディネートしやすさを重視しています。

ちなみに僕はSWAT用のプレキャリの左右カマバンに1個づつ配置してます。

受付期間:7/20(金)いっぱいまで

購入希望者は以下のフォームからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/4128f5ba578269

ハマポリプレーヤーでなくとも注文可能です。お気軽にどうぞ!  
タグ :グッズ


Posted by yoh at 00:12Comments(2)グッズ

2018年06月07日

第4回#JPNLEMやりました


去る3/17、第4回#JPNLEMやりました。
報告記事書くの遅すぎですね!

今回は撮影オンリーでした。
また、フィールドマスターのアラキさんに特別にお許しを頂き貸切時間を延長して夜間撮影タイムも設けました!

細かいコトはコンバットマガジン2018年6月号とピースコンバット2018年7月号にレポートを寄稿したのでよかったら読んでみてください^^


本記事では駆け足でお気に入り写真など紹介します。

今回は有志で横浜市警察SWATの制式装備をイメージした装備合わせをしました。


盾とハマッパチ(テッパチ)がいい味出してます。そして誰一人ブーツを履いていないっていうね!


報道っぽく規制線の外から望遠で。何回でも撮りたい大好きシチュエーション。


「ハンチョウから差し入れ〜」本当はガミさんからの差し入れです。ありがとうございました!


バンの中で昼飯食うだけでも「ぽい」。


SWAT詰所で待機する当番隊。


悪そう


「あの方角は…」「こっちは囮か!」


捜査官ズ。どう切り取っても絵になる。


民間の保釈金融業者


今回一番撮りたかったSWATと捜査官の交差シーン。元ネタは前に描いたイラスト。


今回はフォトコンテストやベストドレッサーコンテストを開催しました。賞品はirodori militaryさん(@irodori64)、ガミーズさん(@Blueswallowtail)からご提供頂きました。また台湾在住のハマポリプレーヤーの皆さんが独自に作ったレアなYKPDエンブレムパッチも賞品に加えました。アイテムをご提供いただいた皆様ありがとうございます!

おまけ

ネット動画配信サービスのサムネ風^^  


Posted by yoh at 12:51Comments(0)イベントメディアJPNLEM

2018年05月16日

マイEDCの変遷


EDCとはEveryDay Carryの略で普段持ち歩く装備を意味します。
ハマポリ的には刑事やIRU隊員の日常勤務の武装だったり、非番の日の私物という解釈になるかと思います。

そんな設定で今の所トップ写真のセットアップに落ち着いていますが、この記事ではここに至るアップデートの過程を紹介しちゃいます。

こちらが長らく使用していたセットアップ。

イーストAのグロック用ホルスターとSIDE KICKの手錠ポーチ(ナイロン製)です。

ハマポリを始めた時に有り合わせの物で作ったセットアップなのでちぐはぐです。やっぱ革なら革、ナイロンならナイロンで揃えたいというのと予備マグを最低1つ持ちたいという不満がありました。

ハンドガンオンリーでASOBIBAなどに遊びに行くときは特に予備マグ問題は切実で、そういうときはやはり有り合わせのダブルマグポを付けたりもしていましたが、実用上仕方なくのスタイルであって個人的には全くイケてないんですよね〜。↓


そんなわけで次のセットアップがこちら。

BLACK HAWKのパドルホルスターで統一しました。ベルトもビアンキの丈夫なヤツに。それまで使っていたファッションアパレルのベルトはどうしても装備の重みでヨレるので…

パドル式にした理由は事案対処でプレキャリを着た時に腰回りはEDCで押すのか、それなりのファーストラインに付け替えるのか?というハマポリ装備の設定上の迷いに絡んでいます。

ファーストラインに付け替える運用ならいちいちベルトを外さないといけないベルトループ式よりパドル式の方が着替えが楽じゃないか?と。(サバゲや撮影会でのお色直しもその方が楽じゃん?)

で、入手性の良いBLACK HAWKのパドルホルスターをチョイスしたのですが、このパドル実はズボンの内側で噛むツメがあり、これのせいですんなり腰から外せません。なので着替えやすさ重視の僕はサクッと削り取ってしまいました。


ズボンの外側にもベルトに噛むツメがあるのでこちらをしっかり噛ませておけばテンパってホルスターごとドロウしてしまう…ってこともまぁないかなって思います。
ちなみにズボンの外側にくるツメはコインを突っ込んで90度回すと取り外して位置調整ができます。


予備マグとライトのコンビネーションホルスターは余り部品の組み合わせで作りました。何気にこの組み合わせはBLACK HAWKのオフィシャルのラインナップにはありません。(こーゆーのはあります)

レイル式のスロットをM4/10mmのボルトナットでパドルに固定して、ここにポーチを取り付けます。幅が足りないので二連マグポにはできませんがマグポとライトポーチの組み合わせならピッタリ装着可能です。ていうか二連マグポよりコンビネーションの方が「ぽい」感じが出て良いと思います^^

このセットアップで腰回りの統一感は出せましたが試着してみるとなんか…うーん
新人臭ぇな!
(※個人の感想です。面倒臭いですね。)
あと手錠の行き場がなくなってしまって。EDCは極力シンプル!が僕のポリシーなのでここに手錠ポーチを追加するのはナシってことで。結局#JPNLEM3の時に使ったきりのセットアップでした。

なお撮影用にガミさんガールズに付けてもらったら新人臭さが逆にうまくハマりましたね。


やっぱり革だよ、革でベテラン感出そうぜ。ということで地道に出物を待ち、最近ヤフオクでイメージ通りのやつを落としました。サファリランドの手錠とマグのコンビネーション、革製でパドル式。完璧。最初から使ってたイーストAのホルスターが復活してトップ写真のセットアップになりましたとさ。

IRU装備の腰回りはEDCか、ファーストラインも使うのか問題は結局YKPD SWATのフル装備との対比でIRUはEDCで押す、ということにしたので「設定上は」重要度が下がりましたが、サファリランドのパドルと、ベルトループ式ながらドットボタンでループを解放できるイーストAホルスターの組み合わせは着替えやすいセットアップになり満足しております^^

おまけ
予備マグはマガジンボトムがガラスブレーカー(風)になっています。携行マグのうち1本だけこういうのが混じってたらかっこいいかも、とツイートしたらエクさん(@ExillisMS)が作ってくれました。ありがとうございます!

  


2018年05月01日

パッチ類を再生産します



重い腰を上げてパッチ類を再生産します。
待たせたな…すまんな…

今回再生産するのは

・YKPDキャップ
・横浜市章パッチ
・ハマポリパッチ

の3点で、受注生産となります。
今回キャップと市章パッチはどなたでもご注文いただけますが、ハマポリパッチのみツイッターで@yoh_illと相互フォローの方限定とさせていただきます。ごめんなさい!

こちらのフォームより予約を受け付けています↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/62687b82569459
予約受け付けは2018/5/31いっぱいまで。

なおアイテムのお届けは7月頃を予定しています。

あ、あとこの前作ったコールサインパッチの在庫もBOOTHで販売中です。

よろしく!  
タグ :グッズ


Posted by yoh at 12:29Comments(0)グッズ

2018年04月22日

シールドをイイ感じにする


昨年アマゾンギフトで贈っていただいた(Tさんありがとう!)シールドを#JPNLEM4に合わせてグレードアップしました。

素材はコレ。時期によって値段がかなり変わりますが安いときは9,800円とか、それ以下になるときもあります。
中国製で一応実物のライオットシールドみたいです。とはいえその性質上防弾性能はなくポリカーボネート製です。写真を撮らずに捨ててしまいましたが何かもっともらしい「検査合格証」みたいなタグが付いていたのでもしかしたら散弾くらいは止められるのかも。

さてこのシールド、ポリカ製ゆえ質感がツルッツルなのでイマイチ迫力がありません。(ビフォア写真は撮り忘れました)

↑ハマポリフレンズのひろぽんさんが同じシールドを梨地塗装していてかっこよかったのでこれをマネしちゃいましょう。

まず表面を100番くらいでペーパーがけして荒らします。窓は鋲で取り付けられていて外せないのでマスキングしています。
裏面もマスキング。ところで本来裏側に取り付けるグリップを外側につけているのは塗装中の持ち手にするためです。


ミッチャクロンを吹いたのち… アサヒペン ストーン調スプレーのブラックストーンを吹きました。
余談ですがアサヒペン ストーン調スプレーには黒が2種類あります。「ブラックストーン」と「ブラックグラナイト」です。どう違うんですかね?


続いてマーキングを施します。カッティングシートはイロドリミリタリーさんに作ってもらいました。


シールド表面が梨地で食いつきにくいので1文字づつドライヤーでよく温めて密着させながらベースフィルムから剥離していきます。


フィルムを剥がした後さらにドライバーの尻でゴリゴリ摺りこんで密着させます。



こんな感じになりました。本体はつや消しザラザラで迫力アップしましたが窓がいかにもとってつけたような弱々しい印象なのでもうひと工夫。
先の写真を見るとひろぽんさんモデルはプラ板のようなもので窓枠を追加工作しています。丁寧な仕事ですね。
自分は#JPNLEM4まで時間がなかったこともあり、もっとお手軽に黒パーを窓枠っぽく貼ってみました。このテープは写真や映像業界で使われているもので、粘着力の強さと剥がしやすさのバランスが良い紙テープです。

どうです?窓枠を入れただけでビッとしたと思いませんか?



おまけ
裏側はステッカーボムで傾いてみました。
  


Posted by yoh at 22:54Comments(0)装備についてDIY

2018年04月22日

まんが3

またまんがを描きました。
読んでね!


  


Posted by yoh at 16:02Comments(0)イラストマンガ