QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
yoh
yoh
twitter : yoh_ill
web : www.yoh-ill.com

2017年11月27日

横浜市警仕様のテッパチ【ベルクロの貼り方編】


こんにちは。

前の記事ではベルクロの型紙を作る過程を紹介しました。
本記事では型紙をもとに切り出したベルクロをきれいにヘルメットに貼るコツを紹介します。

こちらが完成版の型紙です。自分で材料調達から切り出しまで挑戦する方はダウンロードしてご活用ください。

なおこの型紙はアマゾンで購入できるノーブランドのテッパチレプリカ用として製作しました。
S&Grafやキャロットのテッパチレプリカとの合いは検証していませんのでご注意ください。

横浜市警テッパチ1個に必要なベルクロ(メス)は50mm幅を約800mmです。裏面糊付きのものを調達してください。
またベルクロのメスはループ状のものとフェルト状のものがありますがフェルト状のものが質感が良くオススメです。


型紙をもとにパーツ①を1つ、パーツ②③はそれぞれ2つ切り出します。

パーツ①と③はあらかじめセンター辺りで剥離紙に切れ込みを入れておいてください。


パーツ①
いきなり貼らずにまず位置決めをしましょう。
パンチ穴とネジを重ね合わせてセンターを出し、左右のネジを基準に水平を出します。ただこのレプリカテッパチは結構歪んでいるので精密には位置決めできません。大体で割り切りましょう。

位置が決まったら中央から外側に向かって剥離紙を剥がしながらパーツを貼ります。

パーツ②
長さ約11cm、幅5mmに切り出したマスキングテープを図のようにネジとネジの間を一直線に渡すイメージで貼ります。
前側のネジから18mmの所を基準として、まずパーツの下半分をマスキングテープに沿って貼っていきます。

そののち上半分の中心部分を下から上へ貼り付け、両サイドを外側へ向けて貼ります。

反対側も同じ要領で貼ります。

パーツ③
パーツ②のセンターからヘルメットの頂点を結んだ線を基準線とし、パーツ③の弧の長い方を基準線に合わせます。

そのまま自然にパーツをヘルメットに沿わせていって反対側でもパーツ②のセンターと合うように位置を調整したら貼り付けます。


もう1個のパーツ③も同様に弧の長い方を基準線に合わせ貼り付けます。


なおパーツ③は少し長さに余裕を持たせてありますので余った部分はカットしてください。 これで完成!

さあやってみよう。グッドラック!

  


2017年11月26日

横浜市警仕様のテッパチ【ベルクロの型紙編】


はい。塗装編に続きましてベルクロ編であります。

ちょうどテッパチが我が家に来てグレーに塗装する算段などしていたころツイッターでオプスコアのヘルメットのベルクロ三面図と展開図の一覧表(オリジナルはオプスコアのサイトで見られます)が流れてきて、「これテッパチでやったらジャパニーズ感と欧米感がほどよくミックスされてかっこいいんじゃない!?」と思いついたんですよ。

で、一番シンプルなACHタイプのベルクロ配置を真似て作ることにしました。
このヘルメットは横浜市警SWATの制式貸与品ってことで、他のハマポリメンバーにも共通装備として広まってくれたらいいな…との願いから材料の入手性や工作難易度がなるべく易しくなるよう工夫しました。

まずはコピー用紙で試作。

ヘルメットは三次曲面で構成されているので伸縮しないシート状の材料を密着させるには切れ目を入れたりなんだりとちょっぴり工夫が必要です。
後頭部はほぼ二次曲面なのでそのままでいけそうですね。側頭部のパーツも長方形の型紙にに2,3切れ込みを入れるだけでそこそこ曲面に追従してくれそうです。

問題は頭頂部のパーツ。曲面がきついのでただ帯状に切ったパーツではうまくない。そこでマスキングテープの登場です。


なるべくシワが寄らないように短めに切ったマスキングテープを帯状にヘルメットに貼っていき…
これを丁寧に剥がして平面上に展開すると…

どーだ!
旅客機の航路が地球儀上では直線なのにメルカトル図法の地図に落とすと弓なりになるのと同じ理屈ですね。
で、これをスキャンしてイラレでトレースしてできたのが下の型紙です。

この型紙では下の写真のように、お役所仕事で時々発揮される意味不明の変態加工のイメージでネジの頭を避ける切り欠きを入れてます。
「あと5ミリずらせばその切り欠きいらないよね? ナンデそうした!?」みたいな。

最初外注でレーザーカッターで作ろうと思っていたのでこういう手間のかかること考えたのですが、途中で手作業に方針転換し、さすがに手作業でこれはしんどいのでヤメにしました。

それで修正した型紙ver.2はこんな感じ。

この型紙で黒テープ(業界用語で黒パー)を切り出してパーツの合い具合とイメージを確認します。

塗装編にも載せた写真ですが…
いいじゃんいいじゃん!かっこいいじゃん!!

型紙ver.2をさらに修正した最終版が以下となります。プリントしてご活用ください。


ついでに2mm厚のプラ板でテンプレートを作りました。



こうやってテンプレとベルクロを重ねてピンで留めて切り出します。少しは楽に生産可能です。自分で作る工作スキルないけど、どーしてもお揃いのヘルメットが欲しい!って人はご相談ください。手間賃はもらうけどね!

というわけで完成です。

うーんかっこいい。素晴らしい。後頭部のネジを避けるパンチ穴がチャームポイントです。

コールサインパッチをつけるとまた良い。


装備と合わせてみました。

さて長くなったのでもう一回続きます。
次の記事ではベルクロをきれいに貼るコツを解説します。
それじゃ!  


2017年11月19日

横浜市警仕様のテッパチ【塗装編】


こんにちは。

横浜市警隊員が髪型が崩れるのを嫌ってヘルメットを被らず腰に下げている…というスタイルを前からやりたくて、ヘルメットは断然グレーの88式鉄帽(以下テッパチ)だな!、海自仕様がグレーだけど今レプリカが入手できないので黒を買って塗るか!などどツイートしていたら、ある日匿名でテッパチレプリカの黒がアマゾンギフトで贈られてきまして(ありがとうございます)早速工作を始めました。


これが頂いたテッパチ。アマゾンでノーブランド品として売ってるやつです。SHENKELと同じもの?

ツルツルなのでグレーにしつつ、ザラザラ塗装で情報量を増やそうという魂胆。

複数の情報によると、このヘルメットは塗装すると縁取りの塩ビっぽい部分がベタベタになるそうで、まずは下処理の検討から。
手持ちの塗料で下地に良さげなものを縁取りの裏側の目立たないところに塗り一晩乾燥させたのちアサヒペンのストーン調スプレーを重ね塗りしたのが以下の写真です。
なんで素直にミッチャクロンを試さないんだってハナシですがなんでですかね?買って試せばよかったですね。

写真の右端2つは下地なしで仕上げ色候補を塗ってみた部分。
染めQはベタベタは感じませんでしたが塗膜が薄いのか隠蔽力が弱かったのでナシ。
ストーン調の直吹きはやはりアドバイス通りいつまでもベタベタネチョネチョしてました。
下地は爪で引っ掻いたりウエスで強く拭ってみて一番食いつきが強かったホルツのクリアを使うことにしました。

縁取り部分にホルツクリアを吹き全体をストーン調グレーで塗装します。(二度塗り)

ところどころ隙間ができてみっともなかったので木工ボンドで埋めてよく乾かしてからタッチアップしました。

で、仕上がりがこんな感じ。
ストーン調スプレーは4度塗りくらいはできそうで1本で充分な量でした。
縁取り部分は表面はベタベタはないものの下の層がネッチョリしている雰囲気で、強く握ったりすると塗膜がズルリといきそうです。
夏場の高温にも弱いかもしれません。直吹きのベタベタネチョネチョよりはるかにマシですが取り扱い注意ですね〜。
ところで「横浜市警察」ロゴのすぐ上のあたり、表面にスが入ってしまってます。一度に厚塗りするとこうなってしまうので注意。
追記:塗装完了から10日経過した頃から縁取り部分表面にネチョネチョが発生し始めました。この記事での下地処理は不十分であったことが分かったので塗装方法を見直して後日別記事にて報告したいと思います。

映像や写真で見た印象ですが実物の海自テッパチは大体こんな色味じゃないかと思います。
しかし横浜市警装備では明るすぎて他の装備品から浮いてしまう気がするので少し暗めにすることに。

選んだ色はタミヤの「佐世保海軍工廠グレイ(TS-67)」。
量的にはぬるま湯で湯煎して1本で2度塗り+細部のタッチアップがギリできるくらいでした。

ビフォアアフターです。同じ露出、シャッタスピードで撮ってます。ウン、求めていた精悍さが出せたと思います!

太陽光下ではこんなかんじ。
オプスコアヘルメットみたいにベルクロを付けたくて仮にテープを貼ってます。
黒ベルクロとの明るさギャップを均す意味でも濃いめのグレーにしたかったワケですよ。

ベルクロを貼る作業はまた別記事で。乞うご期待!
それじゃ!  


2017年11月04日

第3回#JPNLEMやりました

去る10月28日、F2プラントさんにて第3回#JPNLEMを開催しました。

今回の参加者数は約55人。また物販でガミーズさん、Tri.sさん、ヘタレンジャーさんが出店してくださいました。
天気はまたもあいにくの雨。しかしF2さんはほぼインドアフィールドなので雨天決行できるのが良いところです。
このところ週末ばかり雨がちでこの日も台風22号接近の恐れがあったため午後からの雨程度で済んでむしろよかったとも言えます。

ゲームの方はいつものかんじで初っ端に20分無限復活プチ耐久をウラオモテ、その後普通のフラッグ戦を午前午後とやり、最後に3発戦で締めという流れでした。
特殊ルールのブルーヒートは雨のためブルーシートを敷けなかったので今回はやりませんでした。前回微調整を重ねてようやくいいゲームバランスができた感があったのでちょっと残念でしたねー。完成版ブルーヒートを今回楽しんだ後に何か新ゲームを企画しようと思っていたのですが…

お昼には恒例の撮影タイムを2時間ほど設けました。
前回、前々回とも撮るより撮られる方で忙しかったので今回は久しぶりにちゃんと自分で撮るのをテーマにしました。

前回同様ガミさんが女の子を連れてきてくれたので彼女たち押しで幾つかシチュエーション作って撮影しました。

以前描いたイラスト「仇討ち少女」の再現。殉職した兄の遺品である帽子と銃を携えて兄を殺したヤクザの車に歩み寄る少女のシーンです。このシチュエーションは漫画にするつもりでストーリーも完成しているんですがネームが2/3くらいのところで詰まってます…

別テイク。奥の二人(しいたけ君、ソラノカケラさん)は始めしいたけ君が若い衆役でソラカケさんに傘を差し出していたのですが逆にしてみたら組長の息子&寡黙なボディガードっぽくなって俄然よかったです。


ほそやんさん。本人曰く「嫌々現場に駆り出される古株」だそうですが叩き上げ感ハンパなかったですね。

「なんで逃しちゃったんですか 納得いかないですよ!」
「焦るなって あそこであんな小物引っ張ったってそれっきりだろが」



「黙って行かせるわけないでしょう? 警察ナメんなよ」

「オマワリはすっこんでろ!」


「犯罪者をやっつける警察」像はみんなが撮ってくれるので自分は「市民を守る警察」像を充実させていきたいですね。

写真週刊誌風にしてみました。無辜の市民でなくワケありになってしまいました。

さて#JPNLEMの予定は年内はこれで最後。来年3月か4月あたりに第4回をやりたいです。
撮影オンリーイベントもやりたいですね。

それじゃ!  


Posted by yoh at 22:40Comments(0)イラストイベントJPNLEM

2017年10月14日

スロートマイクの修理


第2回#JPNEMの日、帰りの片付け中にDEVGRUスロートマイクのヒンジが割れているのに気付きました。
中古とはいえ安いものじゃないのでちょっと凹んだよね…

破損の原因として考えられるのは
・中古で買ったので元々気づかないような亀裂があった?
・ゲーム中BB弾が当たって割れた?
・ヒンジの軸が半抜けになって無理な力が加わった?

真相は分かりませんが気を取り直して修理します。

まずパーツクリーナーで脱脂し、割れただけの部分はABS接着剤を塗ってクリップで押さえて一晩放置。
ABS接着剤は塗ったらあせらず一晩放置が基本!


完全に欠けてしまった部分はプラリペアを薄く盛っては一晩放置、を1週間くらい繰り返してこれだけ盛り付けました。
ヒンジの軸(多分φ2mmくらい)が紛失していたのでワイヤーハンガーを切り出して代用してます。

で、盛り付けたプラリペアをヤスリで整形していくのですが…本体との継ぎ目でポロっと取れてしまいました。しまった!

慌てず騒がず接着面をワイヤーブラシで掃除して改めて脱脂したのちABS接着剤でくっつけまた一晩放置しました。
プラリペアではなく金属パテで盛るか、ABS樹脂片でパーツ作って接着の方が早くて丈夫だったかもね…


雑ですがまぁこんなもんでしょ。


ヒンジ軸の脱落防止と被弾からの保護を兼ねて熱収縮チューブを被せて完成〜

スロートマイクはUOC7に参加した時2,3000円のアイコム純正を導入したのが初でしたが、これが接触悪いしサバゲで乱暴に扱うには華奢で使い勝手悪いしで安い以外いいこと何もありませんでした。
一応真面目に無線運用できる機材は持っておきたかったので色々調べてみると軍ものレプリカも外見はしっかりしてますがやはり信頼性の方はいまいちな印象で…結局ヤフオクでいい出物があったこともあり実物を買ったのですが、最近は全然無線使ってないし破損のリスクを考えると壊れても惜しくないレプリカも持っとくべきかなと思ったりしました。

本物↓
http://amzn.asia/9AFcZhy

レプリカ↓
http://amzn.asia/6GWdy43

それじゃまた!  


Posted by yoh at 14:26Comments(0)装備についてDIY

2017年10月12日

みんなのハマポリイラスト 5

こんにちは。
色々な方がハマポリや、世界観を同じくする架空LEイラストを描いてくださっています。みなさんありがとう!
今回はそんなハマポリ二次元の部を久しぶりに紹介しちゃいます!



























なお、ゆきおとこさんのオリキャラ亀井ちゃんはファンが多い模様↓














最後に僕のイラストもいくつかご紹介!

亀井ちゃんに補導された未成年がマジ惚れしちゃった図


横浜市警SWATを束ねる緒方警視


緒方警視はキャラデザが固まらなくて迷走しましたね。


X年後 緒方の後継として権力者になった亀井と現場に居続けるまりかのシリアス展開的なやつ

ではまた!  
タグ :イラスト


Posted by yoh at 10:18Comments(0)イラスト

2017年09月09日

第3回#JPNLEMやります



●開催日 10/28(土)
●会場 F2プラント https://www.f2plant.com
●参加表明 こちらのメールフォームからお申し込みください。
10/22(日)しめきり
グループ参加の場合は代表者が申し込んでください。
藤岡駅または板倉東洋大前西口からF2さんの送迎サービスが利用可能です。
希望者はフォームの備考欄に利用駅と大体の到着時刻をご記入ください。

●参加費:4,500円(カメラマン参加も同様)

●昼食について
各自調達でお願いします。
当日午前中にお弁当を注文できます。
また飲食屋台が終日出店します。

●ドレスコード
・ジャパニーズ架空LE装備
・犯罪者
・一般市民、報道など

●以下アイテムの持ち込みはご遠慮ください
・旭日章の入った装備品
・現行警察制服全般(機動隊出動服も含む)
・実在警察組織名が明記された装備品や小物類
※日常生活で遭遇する機会が実質ないSATやSIT等の特殊部隊風装備は可です。
※略帽は旭日章をテープなどで隠せばギリOKです。
・当日の判断でツイッターなどSNSへのリアルタイムの画像アップをご遠慮いただく場合があります。
・その他指示をしましたらご協力お願いします。


●タイムテーブル
8:00 開場
9:30くらい〜 受付・初速チェック・朝ミーティング・集合写真・ゲーム開始
11:30〜 昼食・フィールド内撮影タイム
14:00〜 午後のゲーム
17:00 撤収

●レギュレーション
まずはF2プラントさんの貸切レギュレーションをご確認ください。
https://www.f2plant.com/reserve/

その上で次の追加ルールが適用されます。
・基本的にフルありですがセミオンリー戦もやるかもしれません。

・ハイサイ、モスカート、トルネード類の使用可とします。手榴弾系アイテムは優しいアンダースローで運用してください。

・1ゲームの所持弾数は300発とします。大体でいいです。

・ただしモスカート、トルネード類は1ショット1発換算にしちゃいます!景気良く使え!

・全身・全装備・跳弾ヒット扱いです。

・フラッシュライトやクーガー(擬似マズルフラッシュデバイス)の使用可です。ただし目潰し的な使用はしないでください。

・ゲーム中、休み時間ともモデルガン発火OK。ただしヒット判定なしの雰囲気アイテムです。

・盾の運用ルール:調整中

●特殊ルール戦
・20分無限復活プチ耐久
・ブルーヒート(改良版)
・3発戦
特殊ルールの詳細はこちらをご覧ください

●撮影について
・顔出しNGの人は各自対策して下さい。撮影者もひと声掛ける気配りをお願いします。

・撮影に使用する銃は各自の責任で確実に安全化してください(マガジン、チャンバー内の弾を抜きガスやバッテリーを抜く)

・安全化した銃であればアイウェアなし・マガジン装着OK、演出でトリガーに指をかけるのもOKです。

・撮影した写真をネットにアップする場合は次の2点を守ってください。
  ・実際の事件事故と区別するため必ずハッシュタグ#JPNLEMをつけるかイベントのロゴマーク(本記事最下段に掲載)を写真に挿入してください。
  ・注意文「撮影許可済・安全対策済」を添えてください。

・前回同様セーフティエリア前に撮影広場を設けます。終日自由に撮影を楽しんでください。

・お昼休みを長めにとりフィールド内撮影タイムを設けます。主催者が撮影タイム開始と終了をアナウンスしますのでその間はフィールド内への発砲可能な銃の持ち込みを禁止し、アイウェアなしでの撮影を行うことができます。なおF2プラントさんのフィールド構造上撮影タイム中は試射エリアも使えなくなるのでご注意ください。

●フリーマーケット
・参加者は事前申告不要で自由に不用品を出品できます。自分の席付近に適当に売り場を作ってください。交流のきっかけにしましょう!

・物品・金銭の管理は各自の責任でお願いします。

・ハマポリグッズの在庫持って行きます。今回は開催まで日がないので新アイテムはありません。

全国の架空LEの皆さまのご参加お待ちしてます!

写真用イベントロゴ(透過PNG)↓
好きなのを使ってください。



  


Posted by yoh at 21:15Comments(2)イベントJPNLEM

2017年09月07日

第2回#JPNLEMやりました

お久しぶりです。
去る7/29、第2回#JPNLEMをお馴染みF2プラントさんで開催しました。

今回はガミーズことガミさんが物販で参加してくれまして、大量の差し入れをご提供いただいたほか
ガミさんのところの売り子兼 元武装JKモデルのKさんも撮影会に参加して華を添えてくれました。
お二人に改めて感謝します!

今回一番のお気に入り写真。市民と警官のほのぼのショット


平和堂T氏のジープを緑山トレーニングセンター仕様にするマグネットマーキングを仕込んでみたり。

緑山トレーニングセンターというのは青葉区にあるという設定の横浜市警察の総合訓練施設です。射撃場や模擬市街地、サーキットがあり、廃車前のパトカーなどが集められトレーニング用に使い倒されています。そんな中でいつからあるのかもう誰も知らない古いジープがゲタ車として大事に乗り継がれているのです。

緑山TCの鬼教官ズ


この第2回に合わせて横浜市警新型レイドジャケットをリリースしまして、予約してくれたみなさんに当日配布しました。ただ夏真っ盛りのクソ暑さゆえこの日はあまり着ている人がいなかったです。まぁそうなるだろうと思ってました。秋冬のイベントで活躍することでしょう!


まんがの一コマを再現してみたり


(この先に出前なのに通れない…)

「そう言われてもダメだって危ないんだから」

「おっ来た来た いくら?」「お前が注文したんかい!」


これもお気に入り。望遠で狙った報道っぽい構図、一般市民。
博多県警をやってらっしゃるミニパトさんに絵描き仲間として常々お会いしたいと思っていたので今回はるばる福岡から参加してくださったのがとても嬉しかったです。

ゲームの方はというとブルーヒート戦がトライ&エラーを繰り返しようやくゲームバランスが取れてきた感があります。

しかしシールドの運用は未だ決定的ではないですね…
今回はシールドマンは無敵。ただし被弾している間は後ずさりしなくてはいけない。と言うルールでやってみましたが状況によって下がれない場面があったり、シールドはともかく体に被弾したとき「ヒット!」と言ってしまって(いや、良い心がけなんですが)ヒット扱いで退場してしまったりやっぱりあやふやになっていきました。難しいです。

そして例によってメディアの取材をお呼びしまして、今回はコンマガさん、アームズさん、ピースコンバットさんが来てくださいました。
コンマガとアームズは現在発売中の10月号にレポートが載っております。ピーコンは次に出る号くらいかな?

今回もカラーページ写真マシマシでご紹介いただきました!


アームズさんもカラーで見開き。装備が統一されていて芸達者ぞろいの流山市警が堂々トップ写真!(ナイス!)

第1回で進行がグダグダだった点が個人的に大きな課題だったのですが、この第2回ではアナウンスは大きな声で行うよう心がけたほかゲーム時間の計測や単純なフラッグ戦の仕切りなど分担できる部分はフィールドスタッフさんにお願いするなどして(主催とは?(笑))だいぶ改善できたと思います。また熱中症対策品の差し入れも心強かったです。
F2のアラキさん、スタッフの皆さんいつも本当にありがとうございます!

それではまた次回!
  


2017年07月07日

FICTION WARRIORに参加しました

去る6月25日、x115x TaylorさんとPEACECOMBAT誌の共催イベントFICTION WARRIORに参加しました。

公式アナウンスによるとコンセプトは
"装備が大好きだけれど、現実の軍装の再現コスじゃなく、自分がカッコイイ!!と思うアイテムを自由に組み合わせたスタイリングでキメたい!!架空の装備スタイリングのゲーム&撮影会イベントです。”

とのことでイベント趣旨的にはハマポリもいけるなぁ、でも会場は市街風フィールドじゃないしなぁと思いつつ概要を読み進めていると
”架空LE(最近ホットなハマポリワールド等)ももちろんOKだと思うのですが、場所がオペフリさんなだけにロケーション的にむずかしいかなと心配しております。ご自身の中で何か設定があってハマを飛び出し出張捜査しちゃった感じでのご参加は大歓迎です。”

などと書いてあり、「これは…呼ばれてるの?」と胸キュンしてしまい参加を決めました(笑)
ただ横浜市警軍団を率いて参戦!とかはガラじゃないのと仲間と行くとどうしてもそこに固まってしまって新しい交流をサボりそうだったので単身参加としました。まぁ別クチで何人か知り合いが参加するのが分かっていたので寂しい思いをすることもなかろう、と思ったし。

思えばUOCに参加した時も意を決しての単身参加でした。行くまでは浮いたら怖いな不安だなと心配ばかりしていたのですが参加してみたら楽しかったし新しい友人もできたし、面白そうなことにはとりあえず飛び込んでみるとじっさい面白いんだと最近感じています。

さて当日は終日雨が降ったりやんだりとスッキリしない天気だったのが残念でしたがイベントそのものはいい意味でユルく居ごこちのいい空気でした。
会場にはイベント公式カメラマンが4人のほか取材のカメラマンも複数入りゲーム中のフィールドやセーフティエリアでの何気ない一コマをバシバシ切り取っておられました。
僕も色々すんごいかっこよく撮っていただいて嬉しかったです。

特にこの写真なんかどーです!規制線の外側から事件現場を狙ったかのような望遠、たまたま手に持っていたボルトアクションライフル(変哲ないVSR-10ですが)が想像を掻き立てます。あいにくの雨すら素敵な演出に化けてますよ。

これもお気に入り。↓

ゲーム中楽しくて大体笑顔なのでこういうマジ顔&アクティブな瞬間を切り取ってもらえると嬉しいです。
余談ですがこのM50型フルフェイスゴーグルはキャニスターに曇り止め電動ファンが内蔵されてまして普段は頬付けできる風に(実際は無理)左側にしか装着していないのですがこの日は雨の湿気でメガネもゴーグルも曇りまくるのでダブルでキャニスター取り付けてました。ダブルだと雨でも曇り止め効果抜群でしたね。
今回は屋外フィールドでロングレンジの撃ちあいになると思ったのでちゃんと頬付けエイムできるゴーグルも持って行ったんですが曇ってダメでした。残念。

イベントキャッチフレーズが「元ネタ・俺」だけあって独創的かつかっこいい装備の参加者さんがたくさんいまして何人かとお知り合いになれたのもよかったです。
例えばcasek(ケースケ)さん↓

デュアルラジオどころかクアッドラジオですよ。自分じゃ抜けない背面ポーチにハンドガンが2挺刺さってるのも最初どういうことかわからなくて。
で、聞いたら死んだ兵士から装備を剥ぎ取って戦闘地域で売って回る道具屋的な設定とのことでした。
クレイジーですよねぇ!ちょうかっこよかったです。

そしてまりあさんとピロシキさん↓

「ディ◯ニーリゾート」のパークガイドっぽいですが「ディストピアリゾート」のセキュリティオフィサーです。
わざわざディ◯ニーリゾートに行って研究したユニフォームは自作袖パッチと古着などの組み合わせだそうです。
腰回りをレザーでまとめているのもすごく「らしい」雰囲気出てました。
ピロシキさんのシェリフも帽子、シャツ、プレキャリの色味が揃っててかっこよかったです。
二人並ぶとパーク内での事件に初動で対処するオフィサーと応援に駆けつけた管区のシェリフって感じで妄想捗りますね。
あとお二人ともゲーム中の立ち回りが上手かったです。見習いたい。

ところで僕は今回特に装備の更新はなかったのですが久々にタトゥーシールを仕込んで行きました。
彫り物っぽいタッチと色調が納得のいく出来にならず節目節目でバージョンアップを重ね今回でver.3となりました。
以下がその変遷です。
↓ver.1 at UOC.7 青1色でちょっと地味

↓ver.2 at 氷川丸撮影会 色数を増やしたがドギツイ印象

↓ver.3 at FICTION WARRIOR 今度は色が淡すぎた感。でも雰囲気は気にいっている。

いやー、中々決定版に至らないんですよね〜 これからもコツコツ改良しようと思います。

なお今回のイベントでは運営スタッフさんらの審査によるナイススタイリング賞が用意されていたのですが8組ほどの皆さんとともにまさかの受賞という大変な名誉を頂きました!
身にあまる光栄ですよホント。参加してよかったです。商品としてダナーのブーツを頂きました。ありがとうございます!


楽しい1日でした。まだ開催するかどうかも未定らしいですが第2回も楽しみにしています。
運営の皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした!
  
タグ :イベント


Posted by yoh at 16:17Comments(0)イベント

2017年06月13日

新型レイドジャケット作ります

本企画は締め切りました

お久しぶりです。


ニューデザインの横浜市警察レイドジャケット作ります!
詳細とご予約はこちらのツイプラからどうぞ…

↓完成イメージ図


ちなみに旧型はこんなでした↓

  
タグ :グッズ


Posted by yoh at 17:28Comments(0)グッズ