QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
yoh
yoh
twitter : yoh_ill
web : www.yoh-ill.com

2015年11月29日

イラスト「横浜市警察SWAT」のコンセプト

このイラストのコンセプトを解説します。
世界観や装備のテイストを理解する手がかりになれば幸いです。



●イラストのコンセプト
欧米では警察官も軍人もタトゥーを入れている人を多く見かける。
公務員の中でも規律の厳しい軍や警察と、(日本人からすると)アウトローなイメージのあるタトゥーが当たり前に結びついているのがなんとも面白い。

一方日本ではなぜ公務員は刺青を入れないのだろうか。
もちろん現代日本では刺青といえばヤクザ・アウトローのイメージが完全に定着しているからだ。
しかしヤクザが入れているような「彫り物」はルーツを辿れば江戸の火消しなどが入れているものだった。
血の気の多い江戸の火消しは博打や喧嘩でトラブルを起こすことも多かったと思う。
清く正しい者ではなかったろうが、しかし命懸けで街を守るヒーローであったことは間違いない。

それでは街のヒーローが彫り物を入れる文化が現代に残っていたらどうだろう?
警察官や消防士がガッツリ彫り物入れてたら面白いんじゃない?

ただし普通の制服巡査に彫り物を入れても泥臭さが残り刺青に対する忌避感を引きずってしまう。
「ヤクザが警察の制服を着ている」のではなく「警察官が彫り物を入れている」というコンセプトを
わかりやすく絵にするには欧米LE風装備をまとった特殊部隊ということにすれば手っ取り早いだろう。
加えて彼らは町火消しのように伊達(あるいは粋でいなせ)でなければならない。
そんな洒落者感やカラッとした気っ風の良さは舞台を横浜にすることで表現できるだろう。
これがすなわち「ハマ感」だ。
ついでに言うなら横浜「市警」にすることでロス市警やNY市警などとダブらせ
垢抜けたイメージを想起させることも狙っている。

銃は89式がいいだろう。欧米風装備を導入しているのにそこだけなぜが頑なに日本製。
そういうギャップが絵として面白いし、泥臭さを廃しつつジャパニーズ感を出すアイテムとして
89式の存在感は強力だ。

そしてこのイラストはいつか自分で再現しよう。89式持ってないけどそれはそのとき考えよう・・・


●設定
・設立にあたりFBI SWAT(HRT?)を手本に装備が調達された。
・「横浜市警SWAT」はイラストのタイトルとして分かりやすさ優先でつけたので部隊名SWATとは限らない。特に決めるつもりもない。

以下は蛇足。各々で別な設定を妄想しても良い。
・多分現代よりちょっと先。多民族化が進んでる。
・昭和30年まで実在した横浜市警察とは繋がりはない(ていうか教わるまで実在を知らなかった)。あくまで行政区再編成の過程で生まれた新組織。





同じカテゴリー(コンセプト・設定)の記事画像
装備の変遷
架空LE装備「横浜市警察」(ハマポリ)とは?
同じカテゴリー(コンセプト・設定)の記事
 装備の変遷 (2017-01-06 08:42)
 架空LE装備「横浜市警察」(ハマポリ)とは? (2015-11-27 20:20)

この記事へのコメント
面白いコンセプトですね ^-^
近未来感に、いろは四十八組いいですね~
ガチミリ系しか持ってませんが
このコンセプトで組んでみたいと思いました。
Posted by カサ@@ハラカサ@@ハラ at 2015年12月30日 11:08
>カサ@@ハラさん
ありがとうございます^^
Posted by yohyoh at 2016年07月07日 10:57
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。