QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
yoh
yoh
twitter : yoh_ill
web : www.yoh-ill.com

2016年07月06日

平日ハマポリオフをやりました 前編



昨日相模原市のフィールド、九龍戦闘市街区にて平日ハマポリオフを開催しました。

自分で貸切ゲームを仕切るのは10年ぶりだったのですがテキパキ進行を心がけてがんばりました。
というのも参加者9人のうちハマポリサバゲ初参加の方が3人、10年ぶりにサバゲ復帰の方が1人いたので退屈せず楽しんでもらいたかったのとゲーム時間を圧縮して撮影タイムをたっぷり設けたかったからです。あとコンバットマガジン等で活躍されているライターのfujiwaraさんが参加してくれたのでいいとこ見せたかったというのも(笑)

振り返ってみると人数のコンパクトさも相まってそこそこスムーズに回せたと思います。
それに皆さん楽しんでいただけたようで何よりでした。僕もとても楽しかったです。

午前中はまずいきなり20分無限復活戦から始めました。
ヒットしたら自陣に戻りカウンターを回して復活するアレです。
ただしダッシュ禁止で、各自戦いながらフィールドツアーを済ませてもらうのが魂胆であると説明しました。
ツアー必須のフィールドもあるのでそういうところではツアー分の時間節約にはならないにしてもいきなり復活戦は掴みとして結構有効だと思います。

その後ゲーム5分、インターバル5〜10分くらいでポリタンク戦(3Fに置かれたポリタンクを自陣に持ち帰る)をガンガン回しました。

サクサク進行するコツとして
「次のゲームは◯分開始です。◯分にフィールドインという意味ではなく、◯分にゲームがスタートします」
とアナウンスして、その通り問答無用に進行するのが効果的でした。
こうするとゲームしたい人は猶予が5分もあればきちんと支度できるんですよね。で、この調子で淡々とゲームが回り続けていると1回や2回休んでも損した感がないので疲れた人やタバコ吸う人もまぁ休むという選択がしやすいんじゃないかなと思うわけです。
誰かが休むと戦力差が・・・と思う人もいるかもしれませんがどうせすぐ次のゲームができるわけだしそういうアンバランスすら楽しむつもりで臨んでみると実際楽しいですよ!

11時40分くらいから少し早めにお昼休みとし、食後13時ちょい過ぎまで撮影タイムを入れました。
その様子は後編で紹介します。

午後はえーと、何だったけな。ポリタンク戦を少しやってから1min1on1、10分無限復活戦、n発戦などをやりました。
1min1on1とは制限時間1分のサシ勝負です。九龍はフィールド内に8台くらいカメラが設置してあってセーフティゾーンから観戦できるようになっています。死角も多いのですがたまにプレイヤーが映るのが意外に面白くて観戦者が楽しめるゲームでした。プレイヤーはお互いグルグル回って接敵せずに終わっちゃったりするんですが、それでもセーフティに帰ってきて観戦してたみんながウケてる様子を見ると「みんなが楽しかったならまぁいっか」と(僕は)思えました。

10分無限復活戦は掴みでやったのと同じルール。

で、今回個人的にやってみたかったのがn発戦です。
仲間内の恒例ゲームとして3発戦というのがありまして、これは全員装弾数3発だけで戦うゲームで、こんなに単純なことなのにシメにやると妙に盛り上がるので是非お試しいただきたいのですが、これを発展させたバージョンがn発戦です。
先に行った無限復活戦で回したカウンター数をチーム人数で割った数だけ弾を携行できます。つまり無限復活戦では負けたチームが装弾数で有利になるゲームなわけです。
ただ実際に装弾数を出してみると赤チーム1人7発、黄チーム1人8発と、対して差が出なかったのが残念でした。
本当は個人のその日の総ヒット数をそのままその人の装弾数に換算するのが初心者が有利になっていいのですが今回はそこまで準備に手が回らなかったので今後試したいと思います。

あ、でもゲーム自体は盛り上がりましたよ。極端に少ない装弾数で戦う、というのを新鮮に感じていただけたようです。

ここまでで時刻は大体15時15分くらい。ゲームはもう堪能したからまた撮影をしたいという提案があったので16時まで再びの撮影タイムとなり思い思いに撮影したのち、20分でテキパキ片付け、16時20分貸切の完全撤収時間を迎えお開きとなりました。

存分にゲームができたし、撮影タイムも確保できて非常に楽しい1日でした。
平日オフは参加人数がもっと少なくなる可能性もあったので参加者募集期間は気が気ではなかったのですが、もし今後もなんだかんだで今回くらいの人数が集まるとすれば恒例行事にして曜日をズラしつつ開催してもいいかな〜なんて思いました!

後編はこちら

「ン?じゃあ今までに開催されたハマポリオフは?」と思われると思います。
実は今までのハマポリオフはフィールドの確保や参加者取りまとめ、当日の進行など全て長年のサバゲ仲間のやらかど氏にやっていただいています。というか、氏の貸切ゲームに集まる仲間の多数がハマポリ装備を始めたので、「インドアとかの貸切はもう『ハマポリオフ』ってことにすればいいんじゃね?」ということで仕切りは氏のまま、名前だけ「ハマポリオフ」になった、というわけです。






同じカテゴリー(イベント)の記事画像
第3回#JPNLEMやりました
第3回#JPNLEMやります
第2回#JPNLEMやりました
FICTION WARRIORに参加しました
第2回#JPNLEMやります
雑誌に載りました
同じカテゴリー(イベント)の記事
 第3回#JPNLEMやりました (2017-11-04 22:40)
 第3回#JPNLEMやります (2017-09-09 21:15)
 第2回#JPNLEMやりました (2017-09-07 15:19)
 FICTION WARRIORに参加しました (2017-07-07 16:17)
 第2回#JPNLEMやります (2017-05-13 21:39)
 雑誌に載りました (2017-04-28 10:47)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。