QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
yoh
yoh
twitter : yoh_ill
web : www.yoh-ill.com

2016年11月11日

バッジ用ステッカーの作り方


こんにちは。今回はバッジステッカーの作り方を紹介しちゃいます!
バッジステッカーの概要はこちらの記事をご参照ください。

行程は次の3ステップになります。
1.バッジのリボン部分の形状をトレースする
2.デザインする
3.ステッカーに仕立てる


簡単ですね!
以下、順に説明していきます。

1.バッジのリボン部分の形状をトレスする
例えばこのバッジをタネに図の部分をマスクするステッカーを作るとしましょう。

中央のエンブレム部分は単なる円なのでトレスせずともノギスなどで直径を計れば事足りますね。
コツがいるのはリボン部分でしょう。バッジの真正面からの写真やスキャン画像を元にトレスしようとしてもメタリックな質感も相まってどの線を拾えばいいのか迷ってしまうと思います。またバッジの表面は緩やかにアールが付いていますのでこの方法では正確な形状を出すことができません。

ではどうするか。バッジ表面にテープを貼ってその上から形状をトレスします。このテープをはがして適当な紙に貼り付ければ平面形状が出せるというワケ。

使用するテープはメンディングテープ。セロテープのつや消しバージョンみたいなやつです。このテープには鉛筆が乗るので他の筆記具を使うより精密に形状を拾えると思います。鉛筆の腹でバッジ凸部の頂点だけを慎重になぞりましょう!

トレスできたらテープをバッジから剥がし、適当な紙に貼り付けてスキャナで取り込みイラレなどのソフトで清書します。


この際イッパツで美しい線を拾えるわけではないので何回か原寸でプリントアウトし、デザインナイフで切り出してバッジに当てて修正を繰り返しましょう。


満足のいく輪郭線がひけたらデザインに移ります。


2.デザインする
デザインは・・・まぁ好みの赴くままま楽しんで作ってください。

バッジがまんまアメリカンなデザインなので一箇所くらい日本語を入れておくとジャパニーズLE感が出ていいと思います。
中央のエンブレム部分にはご当地っぽいアイコンを入れるといいですね。「横浜」ではベイブリッジを図案化しています。
このエンブレムの周囲に入っている「LIBERTY&JUSTICE FOR ALL」というスローガンも何か日本ぽいスローガンに変えられたら気が利いてていいと思いますよ。僕はいいアイデアが思いつかなくてそのままにしました。

なお余談ですが当初はこのエンブレム部分に旭日章を入れるデザイン案も考えていました。アメリカンなバッジに旭日章を入れると中々パラレルワールド感があってカッコよかったのですがご存知の通り自主ルールで旭日章禁止にしたのでこの案はお蔵にしました。

ところで最終的にステッカー生産を業者に依頼するつもりならカット線とか塗り足しとか安全マージンとかを考慮に入れてデザインせねばなりません。

カット線とはステッカーをどういう形に切り出すか指定するための線です。ステップ1でトレスした輪郭がそのままカット線になります。ステッカーは使用しているうちにどうしても角からめくれてくるので尖った角は気持ち丸めておくとgoodです。

塗り足しというのは、例えば「横浜」のバッジはリボンを青色にしていますがその青色をカット線より1mmほどはみ出すように塗ることを指します。印刷とカット線は必ず誤差ができるのでそれを見越して余分に塗るわけです。

そして安全マージンですがここではカット線の中に収まる文字やデザインのマージンを指します。塗り足しと同じくカット線の誤差を見越して、文字やデザインはギッチギチに詰め込まず余裕をもたせたデザインをするのですがここも本来は1mmは余裕を入れないといけません。しかし実際に作ってみると分かると思いますがそんなに余白を作ると文字がすごく小さくみみっちくなってしまいます。
こればっかりは利用する業者と密にコミュニケーションして着地点を見つけてください。

3.ステッカーに仕立てる
小ロットで業者に頼むほどでもないという場合ならこういうのなどで↓自作してみてもいいかもしれません。
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001001719749/index.html
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001001140466/index.html
(※この2商品は検索で出てきたものを適当に例示しただけで推奨品というわけではありません。使い勝手は各自でリサーチしてください)

では業者に頼むとしたらどこに依頼すればいいのか、僕が利用しているところは仕事で使うこともあるのですみませんが秘密です。ただ「メタリックステッカー 印刷」でググって1ページめに出てくるどれか、とだけ言っておきますね。
業者を選ぶ基準としては、おそらく自動車用ステッカーなどの大判ステッカーがウリのところだとバッジステッカーは細かすぎて請け負ってくれないと思います。5cm四方くらいのサイズ感のステッカーをサンプルに挙げているところに問い合わせてみるといいでしょう。
とはいえバッジ用にデザインしたものはすでにしてステッカーの常識から行くとかなり細かい部類なので業者によっては断られてしまうかもしれません。時にはデザインで妥協も必要になると思いますがくじけず頑張ってください。

以上、ご当地LEのオリジナルバッジを作らんと企む皆様の参考になれば幸いです。
グッドラック!






タグ :グッズDIY

同じカテゴリー(DIY)の記事画像
M870終末風ソウドオフ
M50ガスマスク型ゴーグル
ナイロンハンドカフの安全化
番外編・既製品のタトゥーシールってどうなの?
タトゥーシールを作ってみた(後編)
タトゥーシールを作ってみた(前編)
同じカテゴリー(DIY)の記事
 M870終末風ソウドオフ (2017-05-08 15:06)
 M50ガスマスク型ゴーグル (2017-01-31 17:50)
 ナイロンハンドカフの安全化 (2016-05-30 18:20)
 番外編・既製品のタトゥーシールってどうなの? (2016-05-24 12:01)
 タトゥーシールを作ってみた(後編) (2016-05-22 13:36)
 タトゥーシールを作ってみた(前編) (2016-05-20 11:59)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。