QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
yoh
yoh
twitter : yoh_ill
web : www.yoh-ill.com

2017年06月13日

新型レイドジャケット作ります

お久しぶりです。


ニューデザインの横浜市警察レイドジャケット作ります!
詳細とご予約はこちらのツイプラからどうぞ…

↓完成イメージ図


ちなみに旧型はこんなでした↓

  
タグ :グッズ


Posted by yoh at 17:28Comments(0)グッズ

2017年05月13日

第2回#JPNLEMやります



第2回#JPNLEMやります。

注意! 熱中症対策を各自万全にお願いします。
事故怪我等は各自の責任となりますのではっちゃけすぎないよう気を付けてくださいね。

●開催日 7/29(土)
●会場 F2プラント https://www.f2plant.com
●参加表明 こちらのツイプラからどうぞ!

●参加費:4,500円(カメラマンのみでの参加も同様)

●昼食について
各自調達でお願いします。
当日午前中にお弁当を注文できます。
また飲食屋台が終日出店します。

●ドレスコード
・ジャパニーズ架空LE装備
・犯罪者
・一般市民、報道など

●以下アイテムの持ち込みはご遠慮ください
・旭日章の入った装備品
・現行警察制服全般(機動隊出動服も含む)
・実在警察組織名が明記された装備品や小物類
※日常生活で遭遇する機会が実質ないSATやSIT等の特殊部隊風装備は可です。
※略帽は旭日章をテープなどで隠せばギリOKです。
・当日の判断でツイッターなどSNSへのリアルタイムの画像アップをご遠慮いただく場合があります。
・その他指示をしましたらご協力お願いします。

●タイムテーブル
8:00 開場
9:30くらい〜 受付・初速チェック・朝ミーティング・ゲーム開始
11:30〜 昼食・フィールド内撮影タイム
14:00〜 午後のゲーム
17:00 撤収

●レギュレーション
F2プラントさんの貸切レギュレーションをよく読み遵守してください。
https://www.f2plant.com/reserve/

補足
・基本的にフルありですがセミオンリー戦もやるかもしれません。

・ハイサイ、モスカート、トルネード類の使用可とします。手榴弾系アイテムは優しいアンダースローで運用してください。

・1ゲームの所持弾数は300発とします。大体でいいです。

・ただしモスカート、トルネード類は1ショット1発換算にしちゃいます!景気良く使え!

・全身・全装備・跳弾ヒット扱いです。

・フラッシュライトやクーガー(擬似マズルフラッシュデバイス)の使用可です。目潰し的な使用はしないでくだださい。

・ゲーム中、休み時間ともモデルガン発火OK。ただしヒット判定なしの雰囲気アイテムです。

・盾の運用ルール:調整中

●特殊ルール戦
・20分無限復活プチ耐久
・ブルーヒート(改良版)
・3発戦
特殊ルールの詳細はこちらをご覧ください

●撮影について
・撮影に使用する銃は各自の責任で確実に安全化してください(マガジン、チャンバー内の弾を抜きガスやバッテリーを抜く)

・安全化した銃であればアイウェアなし・マガジン装着OK、演出でトリガーに指をかけるのもOKです。

・撮影した写真をネットにアップする場合は次の2点を守ってください。
  ・実際の事件事故と区別するため必ずハッシュタグ#JPNLEMをつけるかイベントのロゴマーク(本記事最下段に掲載)を写真に挿入してください。
  ・注意文「撮影許可済・安全対策済」を添えてください。

・前回同様セーフティエリア前に撮影広場を設けます。終日自由に撮影を楽しんでください。

・お昼休みを長めにとりフィールド内撮影タイムを設けます。主催者が撮影タイム開始と終了をアナウンスしますのでその間はフィールド内への発砲可能な銃の持ち込みを禁止し、アイウェアなしでの撮影を行うことができます。なおF2プラントさんのフィールド構造上撮影タイム中は試射エリアも使えなくなるのでご注意ください。

●フリーマーケット
・参加者は事前申告不要で自由に不用品を出品できます。自分の席付近に適当に売り場を作ってください。交流のきっかけにしましょう!

・物品・金銭の管理は各自の責任でお願いします。

・ハマポリグッズの在庫持って行きます。もしかしたらイベント限定グッズを作るかも。

全国の架空LEの皆さまのご参加お待ちしてます!

写真用イベントロゴ(透過PNG)↓
好きなのを使ってください。



  


Posted by yoh at 21:39Comments(0)イベントJPNLEM

2017年05月08日

M870終末風ソウドオフ

ハマポリ関係ないです。


むかしビンゴの景品か何かで貰ったもののずっと使い所なく持っていたA&KのM870をかっこよくしました。

これがビフォア
マルゼンCA870のコピー品ですが各部寸法が違っておりG&Pのメタル外装は使用できません。
手に入れてすぐフォアエンドをジャンク箱にあったクルツフォアグリップで作り直したりグリップも良い風合いにすべくペーパーがけしてから100均の油絵具を塗り込めて暗いトーンにしたりといじったのですがいまいち愛着が湧かず放置していました。


で、最近になってちょっといじればハマポリの小道具くらいにはなるかな〜と思って再び手を入れたわけです。
まずは外装のべったり真っ黒で野暮な塗装をスポンジやすりで適当に落としブルーイング。

そして自作アダプタを介してAKグリップを付けちゃいます。何でAKグリップなのか。ジャンク箱に入っていたからです。
まずはダンボールでアダプタを試作して形状を検討します。

いいんじゃない、これ?
870にクルツのフォアグリとAKグリップなんてちぐはぐもいいところですがシルエット的には不思議とまとまっていると思います。

ダンボールの試作品と、重要な部分の寸法と角度だけを割り出したごく簡単な図面を元に実際のアダプタの製作に入ります。

2kg弱ある銃本体を支える強度が必要なので芯の部分だけは金具を使用。他の部分はABSです。

あとはひたすら現物あわせで肉付けと補強をしていって…

ほぼガタなく強固に接続できるようになりました。

ここから外見の仕上げです。金属パテを盛って…削って…

あ、金属パテはボンドの色調「銀黒」っていうのを使ってみました。硬化後の表面は明るいガンメタルっぽい感じですが削ると普通のグレーになってしまいました。


色塗って完成!


中々迫力のある銃に生まれ変わりました^^
一応実用性を考えてスリングベースも作ったけどABSなのでちょっと強度が不安…


ちなみにG&Pのマガジンが入っていますが無加工では装着できません。レシーバーとメカボのマガジンハウジング部分を少しだけ削る必要があります。

手に入れたときからチャンバーの部品にひびが入っていたので直したいですが一応撃てるのでここの修理はそのうち気が向いたら…  
タグ :DIY


Posted by yoh at 15:06Comments(0)DIY

2017年04月28日

雑誌に載りました



先日の#JPNLEMには雑誌の取材が来てくれていまして昨日発売のアームズマガジン誌とコンバットマガジン誌(いずれも2017年6月号)にその様子が掲載されました!


アーマガさんには初掲載ですね!
白黒ページのイベントレポくらいの記事かなと思っていたらカラーページ見開きでした!
またコンパクトな記事ながら本物の警察に間違われないよう注意している点をきちんと押さえて下さっていたので嬉しかったです。

コンマガさんは2016年10月号に続き2回目です。今回もメールインタビュー形式でたくさん書きましたよ。
長文で自分の考えを吐露することに慣れていないので前回の記事では「ジブン変なこと言ってたらどうしよ…」と本になるまで結構ビクビクしていたのですがさすがに2回目は慣れました(笑)

見てね!



  


Posted by yoh at 10:47Comments(0)イベントメディアJPNLEM

2017年04月12日

#JPNLEMやりました



去る3月25日、全国の架空LE(JPNLE)が一堂に会するイベント「#JPNLEM」の第1回を執り行ないました!

今までのハマポリオフは実質身内の貸切ゲームであり仲間の多くがハマポリ装備をするようになったため名前だけ「ハマポリオフ」ということにしたのが実情でしたが、去年末の時点で架空LEはブームと言っても差し支えない状態となっており新しい交流を目的としたイベント開催の機は今!という手応えを感じていました。

そこで初めてハマポリの名を冠したオフ会を開催した聖地ともいうべきF2プラントさんを会場とし色々準備をしてきました。
F2プラントさんの土曜日貸切はミニマム40人からなので最初のうちこそ参加者数が達成できるか気が気ではなかったのですが最終的には約70人もの参加者が集まってくださり架空LEを始めた身としてはこの上ない喜びでありました。
しかし反面小規模な身内サバゲしか仕切った経験がない自分にこの大所帯をうまく仕切れるのだろうか…という不安もハンパなかったです(笑)

さて当日はとても盛り上がり皆さんそれなりに楽しんでいただけたかなと思っています。
F2プラント代表のアラキさんも準備段階から当日まで親身にサポートしてくれまして、それどころか「イベントを盛り上げたくて」とわざわざ中古車を手に入れて黒塗りのSWATバンまで作って用意してくれていました!本当にありがとうございます!


「こことこの橋を封鎖して… 打ち上げは海員閣でいい?」「席取れるかな〜」


容疑者のFacebookより


報道も嗅ぎつけてきた






「終わった終わった」


突入班と入れ替わりに現場検証に入る刑事たち


「おたくの若い人熱いねぇ〜 いいの止めなくて?」「まぁ…いい薬ですよ」


ハマポリ始めて1年ちょっと。ようやく当初の設定通り89式でジャパニーズ統一感を出せるようになってきました。

初期はほんと装備も銃もバラバラだったからね。でもこれはこれで大好きな写真。

+++ここからプチ反省会+++
まず良かった点。
ケガやトラブルなくイベントを終えることができました。本当に良かったです。

セーフティエリア前に広場を設けて撮影エリアとしたのも良いアイデアでした。

特殊ルール戦はあれもこれもとタイムテーブルに盛り込んでもきっと全部やるのは無理と踏んでプチ耐久とブルーヒート戦、締めのn発戦程度にしておいたのも振り返れば正解でした。

午後はイベントホストとして交流すべく内気な性格をおして積極的に参加者に挨拶するよう努めました。今までツイッターでしかやり取りのなかった皆さんと話すことができて良かったです。

今後の改善点。
全体的に進行がグダグダでしたね〜。
進行のアナウンスが全然聞こえなかったっていう意見をもらいました。ちゃんと伝わるアナウンスは一番心がけたいポイントだっただけに「マジか…できてなかったのか…」って思いました。メガホンも正しく使わないと無意味なのを学びました。

午前中一発目に無限復活プチ耐久戦をやってからフラッグ戦を短いスパンでガンガン回すつもりだったんですが朝ミーティング開始が少しずれ込んでしまい午前中はプチ耐久ウラオモテの2戦しかしないままお昼休み&撮影タイムに入ってしまいました。
撮影タイムでは思い切り楽しむ人もいる一方手持ち無沙汰な人もちらほら。撮影よりゲームがしたい人、気後れして撮影の輪に入り込めない人がいたのかな…と思いました。
一応午後終盤はゲームを回すよう努力して挽回を図りましたが…1日のイベントで撮影メインの人とゲームメインの人両方に満足してもらうのは難しいですね。

それから特殊ルール戦など。
シールドの30秒ルールがあまりうまく機能していなかったので要改善。
より簡単な「盾は無敵だが被弾している間は後ずさりしないといけない」というルールも事前に提案を受けていたのですが実験する余裕がなかったです。残念。

ブルーヒート戦はシートをボストンバッグに詰め込むのに程よく手間取るサイズ感がキモだったのですが当日用意したシートはかなり丁寧に畳まないとバッグに収まらない!という鬼畜仕様になってしまっていてやはり要改善。
逆に意外だったのは強盗役がチートすぎて警察が太刀打ちできないかと思っていたところ強盗役に後で話を聞いたら「中々スリルがあった」とのこと。どうやら強盗をやるぶんには楽しいゲームだったようですが警察側にも楽しさを加味できたらいいなと思いました。

n発戦ではプチ耐久で各軍が回したカウント数を弾数にする算段でしたが両軍ともカウント数がほぼ同じで劇的な差がなかったので結局3発戦にしました。
n発戦の実験はこれが2回目でしたがうまくいかなかったので無理してひねらず締めは普通に3発戦でいいなと思った次第。大体3発戦でも充分盛り上がるんですよね。

ま、そんなこんなも地道に改善して是非第2回もやりたいと思いますのでみなさんよろしく!  


Posted by yoh at 23:30Comments(0)イベントJPNLEM

2017年03月26日

ベル撮影に参加しました

去る2月18日ベルディオさん(@BELDIO_E)主催の架空LE合同撮影会にお邪魔しました!

記事公開が遅すぎるって?はいご説明します。
当日は腕の立つカメラマンさんが複数入っており主催から供給される写真が膨大でですね・・・
その中からブログ用に選別する作業をずるずるサボっておりました。ゴメンなさい。

ベルさん率いるナガポリこと流山県警の皆さんは装備の統一感もさることながらとても写真がかっこいいので初めて見たときから注目していました。
そんなナガポリ主催で撮影会をするというのでいかにしてかっこいい写真を撮るのか!? 今回はその秘密を探ろうという魂胆の参加であります。

では見ていきましょう。

主催のベルさん(左から3人目)とナガポリの面々、そして我々横浜の2人。
お気に入りの一枚です。若く精悍なナガポリメンバーと軽装でリラックスした横浜の2人。対比が良いです。

ベル撮影の参加者は僕らより若い人が多かったと思います。皆エネルギッシュでワイワイ大騒ぎしながら撮影しまくっていてとても盛り上がっていました。
元々サバゲ&撮影会という企画だったのがガッツリ撮りたい!という参加者の意見が多く撮影オンリーイベントとなった経緯があるのですが、それでも「時間が足りない!撮り足りない!」と皆が口々に言っているのがとても印象的でした。

実を言うとその若いエネルギーに当てられて自分もオッサンになったんだなぁとイベント後ちょっとしみったれてしまいました。考えてみりゃ僕もあとちょっとで四十ですからね。不惑ですよ、不惑。

ま、それはともかく次です。

流山と横浜両警察による合同訓練の一コマ


「何で横浜は89式かって?さぁ・・・昔から使ってるから?」


川崎市警のセキさん(@syanhai110)と



これもお気に入り。川崎と横浜の合同捜査。


UOっぽい雰囲気で。
いい雰囲気なのに無線のアンテナにスリングが掛かっちゃってるのが恥ずかしいです。スリングのねじれとかシャツの裾が乱れたりとか、そういうことを全部ビシッとケアして撮影に臨みたいものですが大抵何かやらかしてますねー。


闇金ウシジマくんワールドっぽい


アンニュイなオッサンズ

で、ナガポリの写真がかっこいい秘密ですが僕なりに感じたのはまずメンバーみんなが高い情熱を持っている、ただ装備を着るだけでなく流山県警のキャラクターとしての詳細設定があり皆が役になりきって撮影に臨んでいる。そしてナガポリが辿るストーリーまで設定されているので(ルート分岐があって複数の結末まで用意されている!)撮りたいシーンがはっきりしている(多分)、カメラマンが凄腕・・・などなど全部合わさってすごい写真になるのではないかなと。

これは横浜も負けてられないぞ・・・!


ベルディオさんお邪魔しました!  
タグ :イベント


Posted by yoh at 16:48Comments(0)イベント

2017年03月07日

みんなのハマポリ リスペクト 6

こんにちは。
久しぶりに全国の架空LEの皆さんをご紹介しちゃいます!
北から順に行くよ!

蝦夷州警察

蝦夷州警察は一部の方をすでに紹介しましたが集合写真なので改めて。


仙台市警



土浦市警



宇都宮県警

宇都宮県警はこちらで紹介してますが改めて。


所沢県警



吉原警察

異色です(笑)吉原ってあの吉原?


横浜市保安局

今後我が横浜市警ともちょくちょく絡んできそうな横浜市保安局。


湘南県警

バッダァース! 僕の横浜のコンセプトに近い匂いを感じます。


丹生越前警察



長野市警察

GTA5のMODでJPNLE。これまた異色な楽しみ方です。アリですよアリ!
こちらのMODをベースに作成されたそうです。


美濃郡保安局



清水市警察

もはや横浜でも欠かせないメンバーであるソラノカケラさんが地元の市警を設立しました!


小牧市警



近江県警

掲載が遅くなってごめんなさい!


広島市警察



高松県警



伊予麻薬取締局


マトリときましたか! しかもUOっぽいテイストも取り入れてますね。


博多市警察



毎回言ってる気がしますが架空LE増えましたねぇ!
ツイッターで各地のLEを見つけては「今度紹介しよ」といいね付けていたのですが不精している間に収拾がつかなくなってですね・・・
今回一念発起して改めて洗い直してエクセルにまとめましたよ。おかげで俯瞰で把握できるようになったし
前々から気になっていた同じ地名で被った組織の存在もはっきり見つけることができました。
そういうダブり事例ですが、まぁ深く考えずパラレルワールドで共存するもよし、会ってみて気が合えば統合するもよし、と思います。

ではまた!

付録↓



  
タグ :装備


Posted by yoh at 18:42Comments(0)みんなの装備

2017年03月04日

#JPNLEM 特殊ルール戦の説明



#JPNLEMでやりたいなぁと思っている特殊ルール戦の説明です。

#JPNLEM イベント要項はこちら

当日様子を見てルールの小変更をするかもしれませんが実験だと思ってお付き合いいただけたら幸いです^^

他にも思いついたら追加します。

●20分無限復活プチ耐久
・ヒットされたら自陣に戻りカウンターを回して復活(回数制限なし)
・自陣にBBボトルやガスなどを置いて補給OK
・カウンターの数字が少なかったチームの勝ち
午前中イッパツ目にいきなりやりたいです。
というのも程よく体を温めるのとフィールドの構造や危険な部分などを各自把握していただくことが一番のねらいだからです
気張りすぎず何度も黄泉がえりながらプレイしてください。

●ブルーヒート
映画「HEAT」の銀行強盗シーンをイメージしたルールです。札束の代わりにブルーシートを使います。
・強盗:3〜5人 フルオートあり
・警察:大勢 セミのみ
・強盗はフィールド内に広げられたブルーシートをボストンバッグに詰め込み(完全にフタを閉じるまでバッグの移動不可)一人でもバッグを持ってゴール地点に着くか警察を全滅させたら勝ち
・警察は強盗と同じスタート位置から1分遅れでスタート。強盗を全滅させるかバッグを奪ったら勝ち。
・警察は必ず犯人に対し警告を発し自身の存在を明らかにしてから発砲すること。「止まれ!」「警察だ!」など言葉は自由。
・バッグを持った強盗がヒットした場合はその場にバッグを置いて退場。
・時間切れの場合引き分け。ゲーム時間10〜15分くらいかなぁ

●n発戦
無限復活プチ耐久の時の自軍のカウント数を人数で割った数を一人が持てる弾数とします。
つまり耐久で負けた(=たくさんヒットをとられた)チームが有利になります。
極端に少ない弾数で戦わねばならないのが単純ながら意外と盛り上がります^^
・セミ、フル自由
・今回のイベントでは散弾系の銃は1ショット1発扱いにしましたがこのゲームのみBB弾の一粒を1発と数えます。
・弾切れしてもフリーズコールなどを駆使して戦いましょう!

●3発戦
n発戦の元ネタです。1人3発のみでプレイします。
n発戦の弾数配分があんまり面白くない感じだったら3発戦にします。

以上!
#JPNLEM イベント要項はこちら  


Posted by yoh at 21:14Comments(0)イベントJPNLEM

2017年01月31日

M50ガスマスク型ゴーグル

これオススメです。
M50ガスマスク型のフルフェイスゴーグルです。
ハマポリプレイヤーはマストバイですよ!

ハマポリ装備はアーバンなLEスタイルなのでサバゲではインドアフィールドで遊ぶことが多くなります。
となると交戦距離が近くなりがちなので怪我防止のためにフェイスガードは用意したいところ。
実在ガスマスク型のゴーグルならゲーム中撮ってもらった写真も雰囲気バッチリというわけでいわゆるサバゲグッズのフェイスガードより個人的に好みです。
メガネの上からでも無理なく装着できる点もありがたいです。

一方欠点もありましてストックに頰付けできません。僕は頰付けできそうな雰囲気を醸すためにキャニスターを左頬にしか付けていませんがそれでも89式のアイアンサイトは覗けません。(すっごい首をひん曲げれば覗けないことはないけどもはや「頰付け」とは言えない姿勢になりますw)きちんと狙って撃ちたい場合は銃にハイマウントの光学サイトをつけるなど工夫が必要ですのでご注意!

グレー系のプラモ塗料でウォッシングしてディテールを引き立たせてみました。(1枚目の写真と比較してみてください)こういう細かいことの積み重ねでかっこよさを醸し出せると思うんですよね。

単三電池駆動の電動ファンが内蔵されたキャニスターが2つ付属します。両頬に装着できますが片頬だけで使う場合用に専用のフタも付いていて親切です。
替えレンズ(スモーク)も一枚付属。レンズは工具無しで簡単に外すことができるので掃除や曇り止め塗布がとても楽です。
ファンの駆動音はとても静かです。性能はどれほどのものか検証してないんですが少なくともレンズとメガネにきちんと曇り止めを塗っていれば片頬だけでも1日曇ることはありません。

バックルと後頭部のパッド類は強度的には問題ないものの見た目がとてもチャチでなのできちんとサイズ調整してから余りがビロビロしないようにテープなどで巻き付けてしまうことをお勧めします。いわゆる末端処理ですね。ガスマスクに限らず装備品のベルトの末端処理はきちんと施しておくと雰囲気が引き締まりますよ。これも先で述べた細かい積み重ねってやつです。

マスク内部はこんな感じ。ファンからの風がレンズに吹き付けられるようにちゃんと流路が作ってあります。口の部分のスリットは素通しなので顔に装着して撮影したとき照明の加減によっては隙間から口が見えてしまうかもしれません。内部にもう一層メッシュなど貼るといいかもしれませんね。
マスクのフチのグレーのスポンジは僕が後から付けたもので、引き戸なんかの隙間風防止テープ(20mm厚30mm幅)です。実物のM50マスクはゴム製で顔に密着するんでしょうがこのゴーグルは樹脂素材なのでぴったりフィットとはいきません。決して小顔な方ではない僕でも結構隙間ができるのでこの点はマイナスですね。これから購入する人は是非隙間テープを貼りましょう。簡単だし。

パラクレイトのガスマスクポーチにぴったり収まります^^

このマスクなぜか扱ってる実店舗が少ない(M04型はよく見るのに)のですが秋葉原界隈ではマイトリーに在庫があることが多いです。あとアマゾンなら大体いつでも手に入ります。

ということでみんな買おう!  


Posted by yoh at 17:50Comments(0)装備についてDIY

2017年01月06日

装備の変遷

新年おめでとうございます!

ハマポリネタを始めて1年ちょっと経ちました。
ここらで自分の装備の移り変わりを振り返ってみたいと思います。

2015年7月 例のイラストを描く

香港SDUの私服+装備スタイルや今風の欧米LEのエッセンスを取り入れた装備を始めてみっか!ということでそのプラン図としてこのイラストを描きました。
FBI SWATのミリフォトなんかを幾つか参考にしてますがプレキャリの種類などはよく知らないまま雰囲気優先で描いてます。

10月 初めてハマポリコンセプトの装備をサバゲに投入

・TMC LBT6094レプ
・パラクレイト ガスマスクポーチ、ショットシェルポーチ
・TMC ラジオポーチ、ショットシェルポーチ(CB色)、ナイロンハンドカフ
・オークリーのグローブ
・イーストA G17用レザーホルスター
・アンクルマイクのアンクルホルスター
・モトローラSABER実物ジャンク
・ALTAのニーパッド


ハマポリコンセプトと言いつつこの時はまだパッチ類がなかったので手元にあったシェリフパッチとDEAバッジを付けてます。「よくわかんないけど何かLEっぽい」装備といった趣ですね。
プレキャリはアキバのマイトリーにてFlyyeのFAPCレプとかなり迷った結果安さをとって6094にしました。FAPCならFBI SWATで使ってるのに・・・と知るのはずっと後のことです。
ガスマスクポーチはプレキャリ背面に。この日のサバゲがショットガン戦だったこともありフロントにショットシェルポーチを2つ配置してます。

そしてこのとき特に示し合わせたわけでもないのに相棒のとんそく君もイラストに触発されてLE風装備で来たので、君がこのネタに乗っかってくれるならということで「横浜市警」パッチを作ることを決めたのでした。

11月 ハマポリパッチで装備の世界観が確立



・ハマポリパッチ
・M50ガスマスク型ゴーグル
・スタングレネード
・陸自イラク派遣型マグポ
・マッキー、Kentの櫛
・和彫りスリーブ


ハマポリパッチに加えマッキーと陸自マグポでジャパニーズ感を演出。そしてKENTの櫛をMOLLEに差してハマポリ隊員としてのキャラ性をプラスしてます。
和彫りスリーブも導入しました。
また装備の雰囲気を壊さないガスマスク型フルフェイスゴーグルが欲しかったのでM50タイプタイプのやつを購入しました。バリエーションでM04タイプもありますがハマポリは現在あるいは近未来という設定なのでそれではちょっと古臭いかな・・・ということでM50です。

2016年2月 氷川丸撮影会

・横浜市警バッジ
・ガスマスクポーチをレッグパネル(イーグル)に移動
・パラクレイトのポーチにシュアファイア6P
・ニューバランスのスニーカー
・メガネを新調


メガネをイラストに近いやつに新調しました。6,70年代のアメリカのファッションが好きなので髪型とメガネ、プレーンなジーンズとTシャツというコーディネートはその辺をイメージしてます。

僕は運動音痴で怪我が怖いのでサバゲ時はブーツを履きますが氷川丸では激しく動くことがないのでスニーカーにしました。本来足元もこれくらいラフなのがハマポリ流なのです。
ちなみに左足首付近のシルエットがおかしいですが、これはアンクルホルスターでS&W M442をキャリーしているためです。このころまではサバゲでもちゃんとアンクルホルスターを装着していたのですが実際問題全然使う機会がない、よしんば機会があったとしてもジーンズがキツキツでとっさに取り出せないので最近は装着してる体で実際には外しています(笑)

あとポリスバッジは製造コストの問題で最初は作る気なかったのですが希望する声が多かったのでそれじゃあと知恵を絞った結果ステッカー方式を編み出し低コストで実現することができました。いやー作ってよかったです。

3月 第1回ハマポリサバゲ

・腰まわりの試行錯誤

この日の腰まわりは試験的にレスキューベルト(レプ)にハンドガンとガスマスクのレッグパネルを通してます。基本的にはハンドガンと予備マグ、手錠程度の私服時の腰まわりををいじることなくプレキャリ等の追加装備を着込んで事件対応する設定なのですが、氷川丸での写真を見るとベルト(普通のファッション用)がレッグパネルの重みに負けてだらしなく垂れ下がってしまっています。これが嫌で試しにレスキューベルトを追加してみたんですよね。ただこのスタイルもピンとこなくてこれっきりでした。腰まわりの処理は今後の課題です。


5月 UOC7参加

・89式小銃
・ICOMのスロートマイクセット
・スタングレネードを黒いやつに変更
・和彫りタトゥシール自作


UOC7参加を決めて満を持して89式を買いました。
スロートマイクは前から欲しかったのですが軍用レプも無線メーカー純正品も調べるほど評価がピンと来ず・・・性能面で考えたら似たような値段でも軍用レプより安牌だろうという判断でアイコム純正を買ってみたもののやっぱりいまいちでした・・・ともかく接触が悪い、PTTスイッチが押しづらい、ケーブルが細くて貧相&耐久性低そう、とあまり良いことありませんでした。
タトゥシールに関しては別記事があるので省略
ちなみにこの写真でぶら下げてるゴーグルはずいぶん前にイベントで買ったもので、ボレーのゴーグルに電動ファンを追加した改造品です。

8月 第2回氷川丸撮影会

・パラクレイトのピストルマグポーチ
・S&Wのハンドカフとビアンキのカフケース
・M67グレネード
・和彫りタトゥシールVer. 1.5


夏なのでジーパンの裾をまくって軽やかな印象をプラス(笑) こういうのもハマポリ流。
ショットシェルポーチをやめて代わりにピストルマグポーチが付きました。
手錠は実はUOCの時から左腰に付けてます。現場検証用のゴム手袋を丸めて手錠の輪っかの中にしまってあります。横浜市警の突入隊員は普段覆面パトカーで市内を流している設定なので運転しやすいようベルトの背中側は何も付けません。
レッグパネルにさりげなく取り付けられたM67グレネードは本来警察官が持つようなものじゃないですが「社会のために消しといたほうがよくね?」という凶悪犯をどさくさに紛れて処理する用に押収品保管庫からくすねて装備している設定です(笑)
タトゥシールはカラーリングを変更しました。

11月 デブグルスロートマイク導入 そして今に至る


・デブグルのスロートマイクセット
・PRC152レプとTMCのラジオポーチ


いきなり11月に飛びます。7月と9月にイレギュラーなハマポリ装備をやりましたがそれはまた別の機会に。
結局アイコムのスロートマイクがいまいちでヤフオクでデブグル製のものを落札しました。これが2016年買ってよかったものランキング1位にしてもいいくらい良い買い物でした。堅牢な設計!安定した性能!かっこいい!みんなも買おう! 
無線がモトローラからRPC152に変わりましたがこれは暫定です。軍用無線は警察にはちと大袈裟ですが・・・モトローラのツマミが劣化でなくなってしまいみっともないのでしばらくはこのスタイルかな〜と思います。モトローラのXTSとかAPXをいずれ買うつもりですがいかんせん高ぇよ・・・

ということで装備の変遷でした。
今後は新しい無線機、腰まわりのセットアップ、ラペリングギアとヘルメット(被らないで腰に下げる用)あたりを詰めていけたらなぁ〜ということで本年の抱負としたいと思います。
今年もよろしく!