QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
yoh
yoh
twitter : yoh_ill
web : www.yoh-ill.com

2018年03月31日

横浜市警察仕様のテッパチ【補修編】

【塗装編】
【ベルクロの型紙編】
【ベルクロの貼り方編】


横浜市警察仕様のテッパチ(以下ハマッパチ)【塗装編】を書いて10日ほど経過した頃それまで異常なかったフチゴム付近の塗装が突然ネチョネチョし始めました。先の記事で書いたレシピは不十分だったんですねぇ…

色々調べたところ塩ビ系素材は柔軟性を維持するために添加された可塑材が整形後も揮発を続けるため、塗装直後は問題ないように見えても時間差でじわじわ塗装を侵していくようです。
それを防ぐシーラーもあるにはあるのですが建築資材の塩ビ鋼板用なため自分の用途に適しているか分からず、試すにしても
販売量が5kgからと大量で、使えなくてまるっきり無駄になるのが不安でちょっと手が出ませんでした。それにハマッパチは装備合わせに乗ってくれるハマポリの有志が自作しやすいようになるべく特別な資材や複雑な加工を必要としないで完成できるようにしたいとの思いがあるので別の手を考えなきゃと思案していました。

そんな折僕とほぼ平行にハマッパチを製作していたソラカケさんが木工ボンド作戦を編み出し、それがまずまずの性能を発揮したと報告してくれたので早速試してみました。
木工ボンド作戦とは要するに溶剤不使用の木工ボンドで塩ビと塗膜をすっぽり遮断してしまおうという理屈です。


まずはペンキ屋さんが使うスクレーパーというお好み焼きのコテに似た道具でフチゴム部分の塗装をある程度そぎ落とします。もともと塗膜が定着しづらい素材同士なので作業は楽チンでした。こびりついた塗膜はラッカーシンナーで残らずぬぐい取ります。


綺麗になったらどこでも売ってる普通の木工ボンドをフチゴム部分に薄く塗り広げます。枝豆の薄皮くらいのボンド層で切れ目なくフチゴムをコーティングするイメージで作業しましょう。塗り残しがあるとそこから可塑材が塗膜を侵します。

あとはよく乾かしたのち普通に塗装すれば完成です。


なおフチゴムのコバと裏側は帽体表面に比べ特に塗膜の侵食が顕著な印象だったので(ソラカケさんからも同様の報告あり)ボンドコーティングはしましたが塗装はやめておきました。どうせほとんど見えないし。


そんなこんなでハマッパチの補修は無事完了しまして#JPNLEM、フィクション・ウォーリアーと2週連続でイベント投入してみました。
使ってみた感じフチゴム部分のネチョネチョは今度こそ解決したっぽいです。全くネチョ感ないです。やったね。
ただ別な問題としてボンド層はあまり強くないので地面に落とした衝撃でひび割れて浮いたりはします。イベント後の補修は毎回必須ですね。

それからフチゴム問題とは話が変わりますが塗装前のペーパーがけとミッチャクロン塗布はこれからハマッパチ作る人は是非やったほうがいいです。僕はその下ごしらえをサボっていきなり塗装したのですが砂利とかに落とすと結構バリバリ塗膜剥げます。

なので今後の補修では剥げたところにまずミッチャクロンを吹くことにしました。

このぞんざいな補修を重ねることで凄みが出たらいいな…と願いつつ(笑)  


2018年03月14日

#JPNLEMフォトコンテスト的な



こんにちは。

第4回#JPNLEMはフォトコンテストとベストドレッサーコンテストをやろうと思います^^

いよいよ今週末土曜日開催の第4回#JPNLEM(概要はこちら)ですが
今回思い切って撮影オンリーイベントと決めた時から、ただ思い思いにばらけて撮影というのもまとまりがないし、交流のきっかけが掴めないシャイボーイが手持ち無沙汰にならないためにも何か撮影テーマがあるといいかなと思ってました。

思 っ て た ん で す が 、

ノープランのまま開催直前のここまでズルズルきてしまいまして…(笑)
そんな折、イロドリミリタリーさん(@irodori64)が、製作を依頼していたハマポリコールサインパッチの納品と一緒に第4回#JPNLEMの協賛品としてオマケのパッチを送ってくださいました。


あ、じゃあこれを賞品としてフォトコンテストでもやろうか!と閃いたわけです。

それに台湾ハマポリプレーヤーが独自に作った(もちろん事前問い合わせをもらって製作OKしてます)ハマポリエンブレムパッチのおすそ分けもたくさんあるのでこれも賞品にしよう!と思いつきました。プレゼントとしてもらったものを売るのも違うし何かいい使い道がないかなと思案していたんですよね。

というわけでコンテストであります。2部門やります。


・屋台メシとポリスメン フォトコンテスト
・独断!ベストドレッサー賞


屋台メシとポリスメン フォトコンテスト
 ・イベント当日は飲食屋台が出店します。こちらで購入した屋台メシを絡めたシチュエーションでナイスな写真を撮ってください。

 ・エントリー方法:ハッシュタグ「#JPNLEM_PC」と「#JPNLEM」を付けてツイッターに投稿してください。

 ・選考方法:16時〜17時くらいにyohの独断で審査し閉会式で結果発表と賞品授与を行います。撮影者(投稿者)にパッチを、モデルに#JPNLEMステッカーを進呈します。

 ・注意:食べ物を粗末にしないこと。撮影で屋台のお兄さんの仕事の邪魔をしないこと。

独断!ベストドレッサー賞
 ・エントリー不要。当日会場にて審査員が皆さんと交流する中でいいな!と思った人を独断で表彰します。
 ・審査員: yoh(@yoh_ill) ソラカケさん(@ShatteredSkies_) ヒロシくん(@ninjanightjoint)

というわけでよろしく!  


Posted by yoh at 11:57Comments(0)イベント

2018年02月03日

第4回#JPNLEMやります 今度は撮影オンリー



第4回はサバゲを行わない撮影のみのイベントとなります

●開催日 3/17(土)
●会場 F2プラント https://www.f2plant.com
●参加表明 こちらのメールフォームからお申し込みください。
3/12(月)しめきり
グループ参加の場合は代表者が申し込んでください。
藤岡駅または板倉東洋大前西口からF2さんの送迎サービスが利用可能です。
希望者はフォームの備考欄に利用駅と大体の到着時刻をご記入ください。

●参加費:4,500円(カメラマン参加も同様)

●昼食について
各自調達でお願いします。
当日午前中にお弁当を注文できます。
また飲食屋台が終日出店します。

●ドレスコード
・ジャパニーズ架空LE装備
・犯罪者
・一般市民、報道など

●以下アイテムの持ち込みはご遠慮ください
・旭日章の入った装備品
・現行警察制服全般(機動隊出動服も含む)
・実在警察組織名が明記された装備品や小物類
※日常生活で遭遇する機会が実質ないSATやSIT等の特殊部隊風装備は可です。
※略帽は旭日章をテープなどで隠せばギリOKです。
・当日の判断でツイッターなどSNSへのリアルタイムの画像アップをご遠慮いただく場合があります。
・その他指示をしましたらご協力お願いします。


●タイムテーブル(仮)
8:00 開場
9:30くらい ・朝ミーティング・集合写真撮影
17:00 撤収
17:00〜 ナイター撮影タイム
20:00 完全撤収 ※帰りの最寄駅送迎もあります


●レギュレーション
・撮影オンリーイベントにつき弾とパワーソースの持ち込みは禁止します。

・持ち込むすべての銃は弾・バッテリー・ガスを抜いてください。

・うっかり発射可能な銃を持ち込んでしまっても厳しいことは言わないのでフィールド備え付けの空撃ちBOXを使用して安全化してください。
  
・モデルガン発火OK。

●撮影について
・顔出しNGの人は各自対策して下さい。撮影者もひと声掛ける気配りをお願いします。

・アイウェアなし・マガジン装着OK、演出でトリガーに指をかけるのもOKです。

・撮影した写真をネットにアップする場合は次の2点を守ってください。
  ・実際の事件事故と区別するため必ずハッシュタグ#JPNLEMをつけるかイベントのロゴマーク(本記事最下段に掲載)を写真に挿入してください。
  ・注意文「撮影許可済・安全対策済」を添えてください。

・前回同様セーフティエリア前に撮影広場を設けます。終日自由に撮影を楽しんでください。

●フリーマーケット
・参加者は事前申告不要で自由に不用品を出品できます。自分の席付近に適当に売り場を作ってください。交流のきっかけにしましょう!

・物品・金銭の管理は各自の責任でお願いします。

・ハマポリグッズの在庫持って行きます。特製コールサインパッチの予備を持っていく予定です。

全国の架空LEの皆さまのご参加お待ちしてます!



写真用イベントロゴ(透過PNG)↓
好きなのを使ってください。



  


Posted by yoh at 15:47Comments(4)イベントJPNLEM

2018年01月17日

コールサインパッチ作ります



本企画は終了しました。
予備分をBOOTHに出品しました^^買ってね!


横浜市警察SWAT隊のコールサインパッチを受注生産します。
予約はこちらのツイプラから。締切は2018/2/12(月)です。




香港のハマポリプレーヤーの皆さんが自前でコールサインパッチを作ったときの設定を使わせてもらっています。
オリジナルは「横X-◯◯」といったふうにハイフンが入っていましたが今回作るバージョンでは外してみました。

そこのアナタもおひとついかが?  

Posted by yoh at 09:46Comments(0)グッズ

2018年01月13日

モトローラXTS 5000のダミー


こんにちは。

新春Vショーの帰りにレプマート東京アキバ店でモトローラXTS 5000のダミーを買いました。
ブルーガン製の黒いやつです。

お値段は8,800円。正直「安い!」とは言えないですが実物ジャンクや実物パーツを使用したドンガラなどはまず1万円以下では買えないしそれに比べれば、ね…。選択肢が増えるのは良いことですよ。
実/架空ともにLE装備がもっと流行ってPRC-148とか152みたいに2,000〜4,000円でモトローラダミーが手に入るようになったらいいな〜と思います。

実物ドンガラとの比較写真を撮りましたのでディテールアップの参考にどうぞ。
なお樹脂の無垢なので内部に特小無線を入れたりは(超頑張ってくり抜き工作しないかぎり)できません。



スピーカーマイクなどのアクセサリー取り付けは加工しないと無理ですね





ウチの実ドンガラは液晶画面下部のボタン類は再現されていません ダミーの方にはよく見るとうっすらボタン表面のアイコンも再現されています
ダミーのスピーカー部分の四角い穴がほぼ埋められてしまっているのが一番の残念ポイント 後加工でここの彫りを深くするのはかなりしんどいでしょう


DBTタイプの無線ポーチに入れるとこんな感じ 上半分のボタン類の塗装だけでいい雰囲気を出せそう

オフィサー装備の無線ポーチに入れると液晶部分まで見えるのでそれっぽく塗装しないと見栄えがしないですね

以上、皆さんの参考になれば幸いです。
  


Posted by yoh at 14:38Comments(0)装備について

2017年11月27日

横浜市警仕様のテッパチ【ベルクロの貼り方編】


こんにちは。

前の記事ではベルクロの型紙を作る過程を紹介しました。
本記事では型紙をもとに切り出したベルクロをきれいにヘルメットに貼るコツを紹介します。

こちらが完成版の型紙です。自分で材料調達から切り出しまで挑戦する方はダウンロードしてご活用ください。

なおこの型紙はアマゾンで購入できるノーブランドのテッパチレプリカ用として製作しました。
S&Grafやキャロットのテッパチレプリカとの合いは検証していませんのでご注意ください。

横浜市警テッパチ1個に必要なベルクロ(メス)は50mm幅を約800mmです。裏面糊付きのものを調達してください。
またベルクロのメスはループ状のものとフェルト状のものがありますがフェルト状のものが質感が良くオススメです。


型紙をもとにパーツ①を1つ、パーツ②③はそれぞれ2つ切り出します。

パーツ①と③はあらかじめセンター辺りで剥離紙に切れ込みを入れておいてください。


パーツ①
いきなり貼らずにまず位置決めをしましょう。
パンチ穴とネジを重ね合わせてセンターを出し、左右のネジを基準に水平を出します。ただこのレプリカテッパチは結構歪んでいるので精密には位置決めできません。大体で割り切りましょう。

位置が決まったら中央から外側に向かって剥離紙を剥がしながらパーツを貼ります。

パーツ②
長さ約11cm、幅5mmに切り出したマスキングテープを図のようにネジとネジの間を一直線に渡すイメージで貼ります。
前側のネジから18mmの所を基準として、まずパーツの下半分をマスキングテープに沿って貼っていきます。

そののち上半分の中心部分を下から上へ貼り付け、両サイドを外側へ向けて貼ります。

反対側も同じ要領で貼ります。

パーツ③
パーツ②のセンターからヘルメットの頂点を結んだ線を基準線とし、パーツ③の弧の長い方を基準線に合わせます。

そのまま自然にパーツをヘルメットに沿わせていって反対側でもパーツ②のセンターと合うように位置を調整したら貼り付けます。


もう1個のパーツ③も同様に弧の長い方を基準線に合わせ貼り付けます。


なおパーツ③は少し長さに余裕を持たせてありますので余った部分はカットしてください。 これで完成!

さあやってみよう。グッドラック!

  


2017年11月26日

横浜市警仕様のテッパチ【ベルクロの型紙編】


はい。塗装編に続きましてベルクロ編であります。

ちょうどテッパチが我が家に来てグレーに塗装する算段などしていたころツイッターでオプスコアのヘルメットのベルクロ三面図と展開図の一覧表(オリジナルはオプスコアのサイトで見られます)が流れてきて、「これテッパチでやったらジャパニーズ感と欧米感がほどよくミックスされてかっこいいんじゃない!?」と思いついたんですよ。

で、一番シンプルなACHタイプのベルクロ配置を真似て作ることにしました。
このヘルメットは横浜市警SWATの制式貸与品ってことで、他のハマポリメンバーにも共通装備として広まってくれたらいいな…との願いから材料の入手性や工作難易度がなるべく易しくなるよう工夫しました。

まずはコピー用紙で試作。

ヘルメットは三次曲面で構成されているので伸縮しないシート状の材料を密着させるには切れ目を入れたりなんだりとちょっぴり工夫が必要です。
後頭部はほぼ二次曲面なのでそのままでいけそうですね。側頭部のパーツも長方形の型紙にに2,3切れ込みを入れるだけでそこそこ曲面に追従してくれそうです。

問題は頭頂部のパーツ。曲面がきついのでただ帯状に切ったパーツではうまくない。そこでマスキングテープの登場です。


なるべくシワが寄らないように短めに切ったマスキングテープを帯状にヘルメットに貼っていき…
これを丁寧に剥がして平面上に展開すると…

どーだ!
旅客機の航路が地球儀上では直線なのにメルカトル図法の地図に落とすと弓なりになるのと同じ理屈ですね。
で、これをスキャンしてイラレでトレースしてできたのが下の型紙です。

この型紙では下の写真のように、お役所仕事で時々発揮される意味不明の変態加工のイメージでネジの頭を避ける切り欠きを入れてます。
「あと5ミリずらせばその切り欠きいらないよね? ナンデそうした!?」みたいな。

最初外注でレーザーカッターで作ろうと思っていたのでこういう手間のかかること考えたのですが、途中で手作業に方針転換し、さすがに手作業でこれはしんどいのでヤメにしました。

それで修正した型紙ver.2はこんな感じ。

この型紙で黒テープ(業界用語で黒パー)を切り出してパーツの合い具合とイメージを確認します。

塗装編にも載せた写真ですが…
いいじゃんいいじゃん!かっこいいじゃん!!

型紙ver.2をさらに修正した最終版が以下となります。プリントしてご活用ください。


ついでに2mm厚のプラ板でテンプレートを作りました。



こうやってテンプレとベルクロを重ねてピンで留めて切り出します。少しは楽に生産可能です。自分で作る工作スキルないけど、どーしてもお揃いのヘルメットが欲しい!って人はご相談ください。手間賃はもらうけどね!

というわけで完成です。

うーんかっこいい。素晴らしい。後頭部のネジを避けるパンチ穴がチャームポイントです。

コールサインパッチをつけるとまた良い。


装備と合わせてみました。

さて長くなったのでもう一回続きます。
次の記事ではベルクロをきれいに貼るコツを解説します。
それじゃ!  


2017年11月19日

横浜市警仕様のテッパチ【塗装編】


こんにちは。

横浜市警隊員が髪型が崩れるのを嫌ってヘルメットを被らず腰に下げている…というスタイルを前からやりたくて、ヘルメットは断然グレーの88式鉄帽(以下テッパチ)だな!、海自仕様がグレーだけど今レプリカが入手できないので黒を買って塗るか!などどツイートしていたら、ある日匿名でテッパチレプリカの黒がアマゾンギフトで贈られてきまして(ありがとうございます)早速工作を始めました。


これが頂いたテッパチ。アマゾンでノーブランド品として売ってるやつです。SHENKELと同じもの?

ツルツルなのでグレーにしつつ、ザラザラ塗装で情報量を増やそうという魂胆。

複数の情報によると、このヘルメットは塗装すると縁取りの塩ビっぽい部分がベタベタになるそうで、まずは下処理の検討から。
手持ちの塗料で下地に良さげなものを縁取りの裏側の目立たないところに塗り一晩乾燥させたのちアサヒペンのストーン調スプレーを重ね塗りしたのが以下の写真です。
なんで素直にミッチャクロンを試さないんだってハナシですがなんでですかね?買って試せばよかったですね。

写真の右端2つは下地なしで仕上げ色候補を塗ってみた部分。
染めQはベタベタは感じませんでしたが塗膜が薄いのか隠蔽力が弱かったのでナシ。
ストーン調の直吹きはやはりアドバイス通りいつまでもベタベタネチョネチョしてました。
下地は爪で引っ掻いたりウエスで強く拭ってみて一番食いつきが強かったホルツのクリアを使うことにしました。

縁取り部分にホルツクリアを吹き全体をストーン調グレーで塗装します。(二度塗り)

ところどころ隙間ができてみっともなかったので木工ボンドで埋めてよく乾かしてからタッチアップしました。

で、仕上がりがこんな感じ。
ストーン調スプレーは4度塗りくらいはできそうで1本で充分な量でした。
縁取り部分は表面はベタベタはないものの下の層がネッチョリしている雰囲気で、強く握ったりすると塗膜がズルリといきそうです。
夏場の高温にも弱いかもしれません。直吹きのベタベタネチョネチョよりはるかにマシですが取り扱い注意ですね〜。
ところで「横浜市警察」ロゴのすぐ上のあたり、表面にスが入ってしまってます。一度に厚塗りするとこうなってしまうので注意。
追記:塗装完了から10日経過した頃から縁取り部分表面にネチョネチョが発生し始めました。この記事での下地処理は不十分であったことが分かったので塗装方法を見直して後日別記事にて報告したいと思います。

映像や写真で見た印象ですが実物の海自テッパチは大体こんな色味じゃないかと思います。
しかし横浜市警装備では明るすぎて他の装備品から浮いてしまう気がするので少し暗めにすることに。

選んだ色はタミヤの「佐世保海軍工廠グレイ(TS-67)」。
量的にはぬるま湯で湯煎して1本で2度塗り+細部のタッチアップがギリできるくらいでした。

ビフォアアフターです。同じ露出、シャッタスピードで撮ってます。ウン、求めていた精悍さが出せたと思います!

太陽光下ではこんなかんじ。
オプスコアヘルメットみたいにベルクロを付けたくて仮にテープを貼ってます。
黒ベルクロとの明るさギャップを均す意味でも濃いめのグレーにしたかったワケですよ。

ベルクロを貼る作業はまた別記事で。乞うご期待!
それじゃ!  


2017年11月04日

第3回#JPNLEMやりました

去る10月28日、F2プラントさんにて第3回#JPNLEMを開催しました。

今回の参加者数は約55人。また物販でガミーズさん、Tri.sさん、ヘタレンジャーさんが出店してくださいました。
天気はまたもあいにくの雨。しかしF2さんはほぼインドアフィールドなので雨天決行できるのが良いところです。
このところ週末ばかり雨がちでこの日も台風22号接近の恐れがあったため午後からの雨程度で済んでむしろよかったとも言えます。

ゲームの方はいつものかんじで初っ端に20分無限復活プチ耐久をウラオモテ、その後普通のフラッグ戦を午前午後とやり、最後に3発戦で締めという流れでした。
特殊ルールのブルーヒートは雨のためブルーシートを敷けなかったので今回はやりませんでした。前回微調整を重ねてようやくいいゲームバランスができた感があったのでちょっと残念でしたねー。完成版ブルーヒートを今回楽しんだ後に何か新ゲームを企画しようと思っていたのですが…

お昼には恒例の撮影タイムを2時間ほど設けました。
前回、前々回とも撮るより撮られる方で忙しかったので今回は久しぶりにちゃんと自分で撮るのをテーマにしました。

前回同様ガミさんが女の子を連れてきてくれたので彼女たち押しで幾つかシチュエーション作って撮影しました。

以前描いたイラスト「仇討ち少女」の再現。殉職した兄の遺品である帽子と銃を携えて兄を殺したヤクザの車に歩み寄る少女のシーンです。このシチュエーションは漫画にするつもりでストーリーも完成しているんですがネームが2/3くらいのところで詰まってます…

別テイク。奥の二人(しいたけ君、ソラノカケラさん)は始めしいたけ君が若い衆役でソラカケさんに傘を差し出していたのですが逆にしてみたら組長の息子&寡黙なボディガードっぽくなって俄然よかったです。


ほそやんさん。本人曰く「嫌々現場に駆り出される古株」だそうですが叩き上げ感ハンパなかったですね。

「なんで逃しちゃったんですか 納得いかないですよ!」
「焦るなって あそこであんな小物引っ張ったってそれっきりだろが」



「黙って行かせるわけないでしょう? 警察ナメんなよ」

「オマワリはすっこんでろ!」


「犯罪者をやっつける警察」像はみんなが撮ってくれるので自分は「市民を守る警察」像を充実させていきたいですね。

写真週刊誌風にしてみました。無辜の市民でなくワケありになってしまいました。

さて#JPNLEMの予定は年内はこれで最後。来年3月か4月あたりに第4回をやりたいです。
撮影オンリーイベントもやりたいですね。

それじゃ!  


Posted by yoh at 22:40Comments(0)イラストイベントJPNLEM

2017年10月14日

スロートマイクの修理


第2回#JPNEMの日、帰りの片付け中にDEVGRUスロートマイクのヒンジが割れているのに気付きました。
中古とはいえ安いものじゃないのでちょっと凹んだよね…

破損の原因として考えられるのは
・中古で買ったので元々気づかないような亀裂があった?
・ゲーム中BB弾が当たって割れた?
・ヒンジの軸が半抜けになって無理な力が加わった?

真相は分かりませんが気を取り直して修理します。

まずパーツクリーナーで脱脂し、割れただけの部分はABS接着剤を塗ってクリップで押さえて一晩放置。
ABS接着剤は塗ったらあせらず一晩放置が基本!


完全に欠けてしまった部分はプラリペアを薄く盛っては一晩放置、を1週間くらい繰り返してこれだけ盛り付けました。
ヒンジの軸(多分φ2mmくらい)が紛失していたのでワイヤーハンガーを切り出して代用してます。

で、盛り付けたプラリペアをヤスリで整形していくのですが…本体との継ぎ目でポロっと取れてしまいました。しまった!

慌てず騒がず接着面をワイヤーブラシで掃除して改めて脱脂したのちABS接着剤でくっつけまた一晩放置しました。
プラリペアではなく金属パテで盛るか、ABS樹脂片でパーツ作って接着の方が早くて丈夫だったかもね…


雑ですがまぁこんなもんでしょ。


ヒンジ軸の脱落防止と被弾からの保護を兼ねて熱収縮チューブを被せて完成〜

スロートマイクはUOC7に参加した時2,3000円のアイコム純正を導入したのが初でしたが、これが接触悪いしサバゲで乱暴に扱うには華奢で使い勝手悪いしで安い以外いいこと何もありませんでした。
一応真面目に無線運用できる機材は持っておきたかったので色々調べてみると軍ものレプリカも外見はしっかりしてますがやはり信頼性の方はいまいちな印象で…結局ヤフオクでいい出物があったこともあり実物を買ったのですが、最近は全然無線使ってないし破損のリスクを考えると壊れても惜しくないレプリカも持っとくべきかなと思ったりしました。

本物↓
http://amzn.asia/9AFcZhy

レプリカ↓
http://amzn.asia/6GWdy43

それじゃまた!  


Posted by yoh at 14:26Comments(0)装備についてDIY