QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
yoh
yoh
twitter : yoh_ill
web : www.yoh-ill.com

2017年05月13日

第2回#JPNLEMやります



第2回#JPNLEMやります。

注意! 熱中症対策を各自万全にお願いします。
事故怪我等は各自の責任となりますのではっちゃけすぎないよう気を付けてくださいね。

●開催日 7/29(土)
●会場 F2プラント https://www.f2plant.com
●参加表明 こちらのツイプラからどうぞ!

●参加費:4,500円(カメラマンのみでの参加も同様)

●昼食について
各自調達でお願いします。
当日午前中にお弁当を注文できます。
また飲食屋台が終日出店します。

●ドレスコード
・ジャパニーズ架空LE装備
・犯罪者
・一般市民、報道など

●以下アイテムの持ち込みはご遠慮ください
・旭日章の入った装備品
・現行警察制服全般(機動隊出動服も含む)
・実在警察組織名が明記された装備品や小物類
※日常生活で遭遇する機会が実質ないSATやSIT等の特殊部隊風装備は可です。
※略帽は旭日章をテープなどで隠せばギリOKです。
・当日の判断でツイッターなどSNSへのリアルタイムの画像アップをご遠慮いただく場合があります。
・その他指示をしましたらご協力お願いします。

●タイムテーブル
8:00 開場
9:30くらい〜 受付・初速チェック・朝ミーティング・ゲーム開始
11:30〜 昼食・フィールド内撮影タイム
14:00〜 午後のゲーム
17:00 撤収

●レギュレーション
F2プラントさんの貸切レギュレーションをよく読み遵守してください。
https://www.f2plant.com/reserve/

補足
・基本的にフルありですがセミオンリー戦もやるかもしれません。

・ハイサイ、モスカート、トルネード類の使用可とします。手榴弾系アイテムは優しいアンダースローで運用してください。

・1ゲームの所持弾数は300発とします。大体でいいです。

・ただしモスカート、トルネード類は1ショット1発換算にしちゃいます!景気良く使え!

・全身・全装備・跳弾ヒット扱いです。

・フラッシュライトやクーガー(擬似マズルフラッシュデバイス)の使用可です。ただし目潰し的な使用はしないでください。

・ゲーム中、休み時間ともモデルガン発火OK。ただしヒット判定なしの雰囲気アイテムです。

・盾の運用ルール:調整中

●特殊ルール戦
・20分無限復活プチ耐久
・ブルーヒート(改良版)
・3発戦
特殊ルールの詳細はこちらをご覧ください

●撮影について
・撮影に使用する銃は各自の責任で確実に安全化してください(マガジン、チャンバー内の弾を抜きガスやバッテリーを抜く)

・安全化した銃であればアイウェアなし・マガジン装着OK、演出でトリガーに指をかけるのもOKです。

・撮影した写真をネットにアップする場合は次の2点を守ってください。
  ・実際の事件事故と区別するため必ずハッシュタグ#JPNLEMをつけるかイベントのロゴマーク(本記事最下段に掲載)を写真に挿入してください。
  ・注意文「撮影許可済・安全対策済」を添えてください。

・前回同様セーフティエリア前に撮影広場を設けます。終日自由に撮影を楽しんでください。

・お昼休みを長めにとりフィールド内撮影タイムを設けます。主催者が撮影タイム開始と終了をアナウンスしますのでその間はフィールド内への発砲可能な銃の持ち込みを禁止し、アイウェアなしでの撮影を行うことができます。なおF2プラントさんのフィールド構造上撮影タイム中は試射エリアも使えなくなるのでご注意ください。

●フリーマーケット
・参加者は事前申告不要で自由に不用品を出品できます。自分の席付近に適当に売り場を作ってください。交流のきっかけにしましょう!

・物品・金銭の管理は各自の責任でお願いします。

・ハマポリグッズの在庫持って行きます。もしかしたらイベント限定グッズを作るかも。

全国の架空LEの皆さまのご参加お待ちしてます!

写真用イベントロゴ(透過PNG)↓
好きなのを使ってください。



  


Posted by yoh at 21:39Comments(0)JPNLEM

2017年04月28日

雑誌に載りました



先日の#JPNLEMには雑誌の取材が来てくれていまして昨日発売のアームズマガジン誌とコンバットマガジン誌(いずれも2017年6月号)にその様子が掲載されました!


アーマガさんには初掲載ですね!
白黒ページのイベントレポくらいの記事かなと思っていたらカラーページ見開きでした!
またコンパクトな記事ながら本物の警察に間違われないよう注意している点をきちんと押さえて下さっていたので嬉しかったです。

コンマガさんは2016年10月号に続き2回目です。今回もメールインタビュー形式でたくさん書きましたよ。
長文で自分の考えを吐露することに慣れていないので前回の記事では「ジブン変なこと言ってたらどうしよ…」と本になるまで結構ビクビクしていたのですがさすがに2回目は慣れました(笑)

見てね!



  


Posted by yoh at 10:47Comments(0)メディアJPNLEM

2017年04月12日

#JPNLEMやりました



去る3月25日、全国の架空LE(JPNLE)が一堂に会するイベント「#JPNLEM」の第1回を執り行ないました!

今までのハマポリオフは実質身内の貸切ゲームであり仲間の多くがハマポリ装備をするようになったため名前だけ「ハマポリオフ」ということにしたのが実情でしたが、去年末の時点で架空LEはブームと言っても差し支えない状態となっており新しい交流を目的としたイベント開催の機は今!という手応えを感じていました。

そこで初めてハマポリの名を冠したオフ会を開催した聖地ともいうべきF2プラントさんを会場とし色々準備をしてきました。
F2プラントさんの土曜日貸切はミニマム40人からなので最初のうちこそ参加者数が達成できるか気が気ではなかったのですが最終的には約70人もの参加者が集まってくださり架空LEを始めた身としてはこの上ない喜びでありました。
しかし反面小規模な身内サバゲしか仕切った経験がない自分にこの大所帯をうまく仕切れるのだろうか…という不安もハンパなかったです(笑)

さて当日はとても盛り上がり皆さんそれなりに楽しんでいただけたかなと思っています。
F2プラント代表のアラキさんも準備段階から当日まで親身にサポートしてくれまして、それどころか「イベントを盛り上げたくて」とわざわざ中古車を手に入れて黒塗りのSWATバンまで作って用意してくれていました!本当にありがとうございます!


「こことこの橋を封鎖して… 打ち上げは海員閣でいい?」「席取れるかな〜」


容疑者のFacebookより


報道も嗅ぎつけてきた






「終わった終わった」


突入班と入れ替わりに現場検証に入る刑事たち


「おたくの若い人熱いねぇ〜 いいの止めなくて?」「まぁ…いい薬ですよ」


ハマポリ始めて1年ちょっと。ようやく当初の設定通り89式でジャパニーズ統一感を出せるようになってきました。

初期はほんと装備も銃もバラバラだったからね。でもこれはこれで大好きな写真。

+++ここからプチ反省会+++
まず良かった点。
ケガやトラブルなくイベントを終えることができました。本当に良かったです。

セーフティエリア前に広場を設けて撮影エリアとしたのも良いアイデアでした。

特殊ルール戦はあれもこれもとタイムテーブルに盛り込んでもきっと全部やるのは無理と踏んでプチ耐久とブルーヒート戦、締めのn発戦程度にしておいたのも振り返れば正解でした。

午後はイベントホストとして交流すべく内気な性格をおして積極的に参加者に挨拶するよう努めました。今までツイッターでしかやり取りのなかった皆さんと話すことができて良かったです。

今後の改善点。
全体的に進行がグダグダでしたね〜。
進行のアナウンスが全然聞こえなかったっていう意見をもらいました。ちゃんと伝わるアナウンスは一番心がけたいポイントだっただけに「マジか…できてなかったのか…」って思いました。メガホンも正しく使わないと無意味なのを学びました。

午前中一発目に無限復活プチ耐久戦をやってからフラッグ戦を短いスパンでガンガン回すつもりだったんですが朝ミーティング開始が少しずれ込んでしまい午前中はプチ耐久ウラオモテの2戦しかしないままお昼休み&撮影タイムに入ってしまいました。
撮影タイムでは思い切り楽しむ人もいる一方手持ち無沙汰な人もちらほら。撮影よりゲームがしたい人、気後れして撮影の輪に入り込めない人がいたのかな…と思いました。
一応午後終盤はゲームを回すよう努力して挽回を図りましたが…1日のイベントで撮影メインの人とゲームメインの人両方に満足してもらうのは難しいですね。

それから特殊ルール戦など。
シールドの30秒ルールがあまりうまく機能していなかったので要改善。
より簡単な「盾は無敵だが被弾している間は後ずさりしないといけない」というルールも事前に提案を受けていたのですが実験する余裕がなかったです。残念。

ブルーヒート戦はシートをボストンバッグに詰め込むのに程よく手間取るサイズ感がキモだったのですが当日用意したシートはかなり丁寧に畳まないとバッグに収まらない!という鬼畜仕様になってしまっていてやはり要改善。
逆に意外だったのは強盗役がチートすぎて警察が太刀打ちできないかと思っていたところ強盗役に後で話を聞いたら「中々スリルがあった」とのこと。どうやら強盗をやるぶんには楽しいゲームだったようですが警察側にも楽しさを加味できたらいいなと思いました。

n発戦ではプチ耐久で各軍が回したカウント数を弾数にする算段でしたが両軍ともカウント数がほぼ同じで劇的な差がなかったので結局3発戦にしました。
n発戦の実験はこれが2回目でしたがうまくいかなかったので無理してひねらず締めは普通に3発戦でいいなと思った次第。大体3発戦でも充分盛り上がるんですよね。

ま、そんなこんなも地道に改善して是非第2回もやりたいと思いますのでみなさんよろしく!  


Posted by yoh at 23:30Comments(0)JPNLEM

2017年03月04日

#JPNLEM 特殊ルール戦の説明



#JPNLEMでやりたいなぁと思っている特殊ルール戦の説明です。

#JPNLEM イベント要項はこちら

当日様子を見てルールの小変更をするかもしれませんが実験だと思ってお付き合いいただけたら幸いです^^

他にも思いついたら追加します。

●20分無限復活プチ耐久
・ヒットされたら自陣に戻りカウンターを回して復活(回数制限なし)
・自陣にBBボトルやガスなどを置いて補給OK
・カウンターの数字が少なかったチームの勝ち
午前中イッパツ目にいきなりやりたいです。
というのも程よく体を温めるのとフィールドの構造や危険な部分などを各自把握していただくことが一番のねらいだからです
気張りすぎず何度も黄泉がえりながらプレイしてください。

●ブルーヒート(改訂版)
映画「HEAT」の銀行強盗シーンをイメージしたルールです。札束の代わりにブルーシートを使います。
・強盗:3〜5人 フルオートあり
・警察:大勢 セミのみ
・強盗はフィールド内に広げられたブルーシートをボストンバッグに詰め込み(完全にフタを閉じるまでバッグの移動不可)一人でもバッグを持ってゴール地点に着くか警察を全滅させたら勝ち
・警察は強盗と同じスタート位置から1分遅れでスタート。強盗を全滅させるかバッグを奪ったら勝ち。
・警察は必ず犯人に対し警告を発し自身の存在を明らかにしてから発砲すること。「止まれ!」「警察だ!」など言葉は自由。
↑問答無用で撃っていいことにします。
・バッグを持った強盗がヒットした場合はその場にバッグを置いて退場。
・時間切れの場合引き分け。ゲーム時間10〜15分くらいかなぁ

●n発戦廃止
無限復活プチ耐久の時の自軍のカウント数を人数で割った数を一人が持てる弾数とします。
つまり耐久で負けた(=たくさんヒットをとられた)チームが有利になります。
極端に少ない弾数で戦わねばならないのが単純ながら意外と盛り上がります^^
・セミ、フル自由
・今回のイベントでは散弾系の銃は1ショット1発扱いにしましたがこのゲームのみBB弾の一粒を1発と数えます。
・弾切れしてもフリーズコールなどを駆使して戦いましょう!


●3発戦
n発戦の元ネタです。1人3発のみでプレイします。
n発戦の弾数配分があんまり面白くない感じだったら3発戦にします。

以上!
#JPNLEM イベント要項はこちら  


Posted by yoh at 21:14Comments(0)JPNLEM

2016年12月11日

第1回#JPNLEMやります



各地の架空LEと交流しよう!
サバゲイベント#JPNLEM開催します。

2017年3月25日(土) 於F2プラント

レギュレーションとタイムテーブルはこれから詰めますので続報をお待ちください。※レギュレーション等追記しました!

とりあえずツイプラ立てました。

イベント名"#JPNLEM"は
"Japanese Fictional Low Enforcer Meeting"の略ですが特に読み方を決めていません。
あとFictionalのFどこ行った?って感じですがツイッターの方でハッシュタグ#JPNLEが定着したのでそれに準じて#JPNLEMとしました。
細かいことはいいんですよ。

ということで全国の架空LEの皆さまのご参加お待ちしてます!

↓レギュレーション等↓
●開催日 3/25(土

●会場:F2プラント https://www.f2plant.com

●参加方法
ツイプラより参加表明してください。
・また緊急連絡と記念写真配布に使用しますので必ず連絡のつくメールアドレスを主催者(僕)にお伝えください。

●参加費
一人5200円(昼食付き)
1人4500円 昼食希望者は+(調整中)円
カメラマンのみでの参加も同様です。
※参加者数が40人以下だった場合少し割高になります。(40人以上でも割安にはなりません)
みなさんお誘い合わせの上40人越えを目指しましょう!

●昼食について
昼食はケータリングのビーフストロガノフ(スープ付き)です。
・目下調整中です。以下のどちらかになります。
 ・弁当(当日受付 500円)
 ・F2プラントさんおすすめのケータリング(700円くらい?)


●ドレスコードと注意事項
・ジャパニーズ架空LE装備
・犯罪者
・自衛する市民たち・・・ など

カメラマンは鑑識・広報・報道関係っぽい格好をするとナイスですね。
「こういう服装アリ?」と迷った時は事前に僕に聞いてください。気軽にどうぞ!

あとチーム分けは多分「警察」vs「犯罪者」にはしません。単純に人数で2分割します。
「警察&癒着した犯罪者」チームが2つできると考えてください。

いつものお願いですが当日はメディアの取材が入る予定ですので以下を厳守してください。
・以下アイテムの持ち込みはご遠慮ください
 ・旭日章の入った装備品
 ・現行警察制服全般(機動隊出動服も含む)
 ・実在警察組織名が明記された装備品や小物類
 ※日常生活で遭遇する機会が実質ないSATやSIT等の特殊部隊風装備は可です。
 ※略帽は旭日章をテープなどで隠せばギリOKです。
・当日の判断でツイッターなどSNSへのリアルタイムの画像アップをご遠慮いただく場合があります。
・その他指示をしましたらご協力お願いします。

●タイムテーブル
8:00 開場
9:30くらい〜 受付・初速チェック・朝ミーティング・ゲーム開始
11:30〜 昼食・フィールド内撮影タイム
14:00〜 午後のゲーム
17:00 撤収

●レギュレーション
F2プラントさんの貸切レギュレーションをよく読み遵守してください。
https://www.f2plant.com/reserve/

補足
・ハンドガンをご用意ください。

・基本的にフルありですがセミオンリー戦もやるかもしれません。

・ハイサイ、モスカート、トルネード類の使用可とします。手榴弾系アイテムは優しいアンダースローで運用してください。

・1ゲームの所持弾数は300発とします。大体でいいです。

・ただしモスカート、トルネード類は1ショット1発換算にしちゃいます!景気良く使え!

・全身・全装備・跳弾ヒット扱いです。

・ただしシールド使用者のみ1ゲーム15秒無敵とします。
 ・無敵タイム発動のタイミングは自由。5秒に分けて3回発動、とかも可です。
 ・シールド使用者はスマホのタイマーやキッチンタイマーを自分で用意して秒数管理してください。
 ・無敵タイムが終わったらシールドもヒット扱いになりますが近く(腕を伸ばして触れるくらいの距離が目安)に物陰がある場合そこに隠れるまでの瞬間はギリギリセーフにします。
 ・なるべく簡単なルールにしましたが厳格な運用は結構難しいと思います。シールド使用者は空気を読んだ運用、対峙した人は甘め判定でお願いします。
 ・フラッシュライトやクーガー(擬似マズルフラッシュデバイス)の使用可です。目潰し的な使用はしないでくだださい。
 ・モデルガン発火OKです。


●特殊ルール戦
別記事にてルール説明を立てましたのでご確認ください

●撮影について
・撮影に使用する銃は各自の責任で確実に安全化してください(マガジン、チャンバー内の弾を抜きガスやバッテリーを抜く)

・安全化した銃であればアイウェアなし・マガジン装着OK、演出でトリガーに指をかけるのもOKです。

・撮影した写真をネットにアップする場合は次の2点を守ってください。
  ・実際の事件事故と区別するため必ずハッシュタグ#JPNLEMをつけるかイベントのロゴマーク(本記事最下段に掲載)を写真に挿入してください。
  ・安全に配慮しフィールド様の許可を得た上での撮影であることを示す注意文を添える(例:撮影許可済・安全対策済)

・お昼休みを長めにとりフィールド内撮影タイムを設けます。主催者が撮影タイム開始と終了をアナウンスしますのでその間はフィールド内への発砲可能な銃の持ち込みを禁止し、アイウェアなしでの撮影を行うことができます。なおF2プラントさんのフィールド構造上撮影タイム中は試射エリアも使えなくなるのでご注意ください。

●フリーマーケット
・参加者は事前申告不要で自由に不用品を出品できます。自分の席付近に適当に売り場を作ってください。交流のきっかけにしましょう!

・物品・金銭の管理は各自の責任でお願いします。

・ハマポリグッズの在庫持って行きます。もしかしたらイベント限定グッズを作るかも。

●取材について
・当日は取材が入ります。顔出しNGの人は対策してください。

写真用イベントロゴ(透過PNG)↓
好きなのを使ってください。



  


Posted by yoh at 22:46Comments(0)JPNLEM